アコムはATMから借入も返済もカンタン!メリットや注意点を解説

アコム

日常生活の中で、お金が急に必要になってしまうことは少なくありません。そんなときに便利なのがアコムの無人契約機です。

キャッシングサービスを初めて利用するときは、少し抵抗感があるかもしれません。ですが、アコムだとATMから簡単に借入や返済が行えるので、気兼ねなくサービスを利用できます。

以下ではアコムカードを始めとするアコムのサービスについて説明をし、無人契約機「むじんくん」の解説や、キャッシングを利用する際の注意について述べています。最適なキャッシング方法を見つける手助けになれば幸いです。

  1. アコムカードとはどんなカード?基本情報と特徴
    1. 2種類あるアコムカード
    2. アコムの利用条件
    3. 申込に必要な書類
    4. 30日間金利ゼロ円サービス
  2. 申し込みはネットから24時間可能!
    1. アコムなら4つのステップで簡単申込
    2. 即日融資をしてもらうには
  3. ネットやATMで24時間借入と返済
    1. 24時間いつでも借入できる
    2. 24時間いつでも返済できる
  4. アコムATMと提携ATMの違いとは?
    1. アコムATMと提携ATMのサービスは利用時間と手数料が違う
  5. アコムATMでの借入と返済方法
    1. アコムATMを使った借入の流れ
    2. アコムATMを使った返済方法
  6. 提携ATMでの借入と返済方法
    1. 提携ATMでの借入手順
    2. 提携ATMでの返済手順
  7. 提携ATMの種類と設置されている場所
    1. アコムの提携ATMはホームページから確認できる
    2. 銀行系の提携ATM
    3. 地方銀行系の提携ATM
    4. コンビニやショッピングモールの提携ATM
  8. 自動契約機「むじんくん」でできること
    1. 「むじんくん」での契約方法
    2. 「むじんくん」はホームページから検索可能
  9. 「むじんくん」のメリット・デメリット
    1. 「むじんくん」を使うメリット
    2. 「むじんくん」にはデメリットもある
  10. アコムATMのメリット・デメリット
    1. アコムATMは数が少ない
  11. 提携ATMのメリット・デメリット
    1. 提携ATMはプライバシーが守られやすい
    2. 提携ATMは手数料が発生する
  12. ATMで利用限度額の増額はできるか
    1. 利用限度額の増加には審査が必要
    2. 利用限度額の増額を申込む方法
  13. ATMを利用するときの注意点とは?
    1. ATMが利用できないと思ったときには
    2. 提携ATMでも利用できる時間は同じではない
  14. アコムはATMで借入も返済もカンタン
    1. 提携ATMが多いので出先でも安心

アコムカードとはどんなカード?基本情報と特徴

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属している、大手の消費者金融です。

大手ならではのサービスなどで同業他社との差別化を図っています。アコムが借入や返済のために発行するアコムカードも他社とは少し違った特徴を持っています。

2種類あるアコムカード

アコムが発行するカードは2種類あります。アコムカードとACマスターカードです。

アコムカードはキャッシングサービスを利用するためのカードですが、ACマスターカードはクレジットカードとして使えます。

このようなクレジットカード機能をもたせたカードの発行は、消費者金融では非常に珍しいサービスです。大手消費者金融ではアコムだけが行っています。

アコムの利用条件

アコムは次のような条件で融資を行っています。

安定収入があるならば、パートやアルバイトの方でも契約できるのがアコムの魅力です。

もちろん、派遣社員や契約社員の方もアコムと契約ができます。なお、20歳以上で安定した収入があるならば、学生や主婦でもアコムのカードを作れます。

申込に必要な書類

借入を行うには、アコムと契約をしなければなりません。契約には本人確認書類が必要です。
本人確認書類は次のようなものが利用できます。

  • 免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

顔写真がない書類を本人確認に使う場合には、発行日から6カ月以内の「住民票」「公共料金領収書」「納税証明書」を合わせて用意しておきます。また、他社借入が100万円を越しているときや、アコムから50万円以上を借入たい場合には、収入証明書も必要です。収入証明書として「源泉徴収票」もしくは「給与明細書」が利用できます。

30日間金利ゼロ円サービス

アコムは、はじめて利用される方に向けて、30日間金利ゼロ円サービスを行っています。

ですが、このサービスは契約日から30日間であって、借入日からではありません。利用する際には注意が必要です。

申し込みはネットから24時間可能!

アコムではインターネットを使って、契約申込ができます。インターネットでの契約は24時間いつでも行えます。

アコムなら4つのステップで簡単申込

インターネットを使っての申込は、次のような4つのステップを通して行われます。
1.必要情報を入力して契約申込
2.本人確認書類の送信
3.審査結果が送られてくる
4.インターネット上で契約を確認して同意

インターネットから契約を申込むと、アコムから電話もしくはメールで本人確認書類の提出を求められます。

本人確認書類はスマートフォンなどで撮影したものを、アコムの会員ページを介して送信します。専用アプリ「アコムナビ」を利用して送信することもできるので、使い勝手の良い方を選ぶとよいでしょう。

ただし、スマートフォンやOSなどによっては利用できない場合があります。利用できないときは、本人確認書類は「むじんくん」から送ることが可能です。

本人確認書類の送信が終わると、審査結果がメールで届きます。審査に通過したなら「契約手続きのお願い」メールが送られてきます。メール上から契約内容を確認し、同意すれば契約成立です。

即日融資をしてもらうには

インターネット申込で即日融資をしてもらうには、口座への振込融資を依頼しなければなりません。

平日14時30分までの依頼をすれば、即日融資が可能です。電話で依頼する場合には平日14時までに依頼しなければ、即日融資に間に合いません。

なお、アコムのカードは店頭窓口もしくは自動契約機「むじんくん」で受け取れます。カードは自宅郵送してもらうことも可能です。店頭窓口なら、ACマスターカードの即日発行ができます。

アコムで土日対応の即日融資を受ける方法【カードローン・在籍確認】

ネットやATMで24時間借入と返済

アコムでは、インターネットやスマートフォン、ATMを利用して、24時間ネットから借入や返済が可能です。

「ATMに行く時間は無いけれど、引き落としが迫っている」そんなときでも、アコムなら申込後すぐに指定の口座に振込を行います。

銀行口座に直接振込を行うと、手数料などが高くなるのではないかと心配されるかもしれません。しかし、アコムの振込サービスは手数料が無料です。振込はサービスは24時間365日利用でき、指定口座が楽天銀行ならば最短1分で入金されます。

24時間いつでも借入できる

アコムのキャッシングサービスは、インターネットやATMを利用して24時間利用できます。インターネットによる振込サービスはホームページ上の会員メニューから、次の手順で行います。

1.ホームページにアクセス
2.会員ログインする
3.「振込によるお借入のお申し込み」を選択

平日14時までに依頼することで、銀行や信用金庫の指定口座に当日中に振り込まれます。楽天銀行以外では、土日の申込は翌営業日の振込になるので、急いで入金してもらう必要がある場合には注意しなければなりません。

24時間いつでも返済できる

アコムはインターネットやATMを介して24時間いつでも借入金を返済できます。

そのためには、アコムのインターネット返済が利用できる銀行と、「インターネットバンキング」契約を結んでおく必要があります。インターネット返済は24時間365日利用でき、手数料は無料です。土日祝日でも返済が可能です。

アコムATMと提携ATMの違いとは?

ATMはキャッシング利用者にとって非常に便利な機械です。アコムは自社のアコムATM以外にも多くの提携ATMが利用できるので、利便性が高い消費者金融です。

では、アコムATMと提携ATMはどのような点で異なるのでしょうか。

アコムATMと提携ATMのサービスは利用時間と手数料が違う

アコムATMと提携ATMは、どちらも借入と返済だけでなく、借入可能額と返済残高の照会が行えます。ATM手数料は、アコムATMであれば完全に無料ですが、提携ATMを利用すると以下の手数料が発生します。

  • 1万円以下の利用では108円
  • 1万円を超える利用では216円

提携ATMは、コンビニATMか銀行系のATMかで、利用できる時間が異なります。アコムATMとコンビニの提携ATMは基本24時間365日利用が可能です。それに対して銀行系の提携ATMが使える時間は以下の通りです。

  • セブン銀行のATM 0:10から23:50で土日祝日も利用可能
  • その他銀行のATM 9:00から21:00で休日は店舗により異なる

また、その他のサービスとして、アコムATMでは暗証番号の変更も行えます。

アコムATMでの借入と返済方法

アコムATMを使った借入の流れ

アコムATMを利用しての借入は、次のような手順で行います。

1.アコムのカードをアコムATMに投入
2.暗証番号をATMに入力する
3.表示メニューから「ご融資」を選択
4.借入をしたい金額を入力する
5.カードと明細書を受け取る
6.紙幣を受け取り手続き終了

途中、借入たい額面を間違った場合には「訂正」を押した後に、再度入力をしなおします。

アコムATMを使った返済方法

返済をアコムATMで行う手順は、以下のとおりです。

1.アコムのカードをアコムATMに投入
2.暗証番号をATMに入力する
3.表示メニューから「ご決済」を選択
4.現金投入口にお金を入れ、「読取」を選択
5.画面に表示された額面に間違いがなければ「確認」を選択
6.カードと明細書を受け取り手続き終了

返済については、アコムのカードが無くとも対応が可能です。返済したい額面に違いがある場合には「取消」を押し、再度手続きを行います。

追加で紙幣を投入したいなら、現金投入口に紙幣を入れた後に「読取」を押します。

提携ATMでの借入と返済方法

提携ATMを利用しての借入と返済方法を説明します。提携ATMは多種あるため、以下ではセブン銀行ATMを例に手順の流れを解説しています。

提携ATMでの借入手順

セブン銀行ATMを利用しての借入は、次のような手順で行います。

1.ATMにカードを入れる
2.表示画面から「ご出金(借入)」を選択
3.表示画面から暗証番号を入力
4.取引金額を入力
5.取引内容に間違いがなければ「確認」を選択
6.カードと明細書がATMから返される
7.紙幣を受け取り手続き終了

提携ATMでの返済手順

返済をセブン銀行ATMで行う手順は、以下のとおりです。

1.ATMにカードを入れる
2.表示画面から「ご入金(返済)」を選択
3.表示画面から暗証番号を入力
4.返済したい口座を「カードローン」「ショッピング」から選ぶ
5.紙幣を現金投入口に入れる
6.入金内容に間違いがなければ「確認」を選択
7.カードと明細書を受け取り手続き終了

カードローンとショッピングの両方の口座に入金を行いたいときは、手続きを別々に行う必要があります。

提携ATMの種類と設置されている場所

アコムの提携ATMはホームページから確認できる

アコムのサービスは自社のアコムATM以外に、多くの提携ATMから利用ができます。提携ATMが置いてある場所は、ホームページやアプリから確認が可能です。

また、アコムのステッカーを張っているATMコーナーに、提携ATMは設置しています。

銀行系の提携ATM

アコムの提携先は大きく分けて「銀行」「コンビニ」「ショッピングモール」の3種類があります。アコムは以下のような金融機関と提携しています。

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ゼロバンク
  • イオン銀行

地方銀行系の提携ATM

アコムと提携している地方銀行には次のようなものがあります。

  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十ニ銀行
  • 第三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行

コンビニやショッピングモールの提携ATM

コンビニの提携ATMの多くは、アコムが提携しているイーネットのサービスを介しています。アコムが利用できるコンビニは次の通りです。

  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • ミニストップ

この他に、アコムはローソンとセブンイレブンのATMも利用可能です。この2つのコンビニはイーネットを介さず、独自にアコムと提携しています。また、ショッピングモールの提携ATMには、イオン銀行があります。

自動契約機「むじんくん」でできること

いざアコムにキャッシング契約をしに行こうと思っても、受付の人と顔を合わせて融資の審査を受けたくないと考える人は少なくありません。

そんなときに便利なのが「むじんくん」です。「むじんくん」を利用すれば、誰とも顔を合わせることなく、簡単なステップで契約が可能です

「むじんくん」での契約方法

まず本人確認書類を用意して「むじんくん」が設置されている店舗に向かいます。本人確認書類は「むじんくん」でスキャンし、審査に用いられます。本人確認書類の提出が済むと、オペレーターから備え付けの電話に連絡が入ります。契約確認事項を電話で答えましょう。

その後、タッチパネルで必要事項を入力し、審査を待つだけです。

審査の結果はオペレーターからの電話で伝えられます。審査が通った後にその場で契約を済ませると、即日でアコムカードが発行されます。

「むじんくん」はホームページから検索可能

「むじんくん」が見つからないときに便利なのが、アコムのホームページ内にある「店舗・ATM検索」です。都道府県や路線図や位置情報サービスから、一番近くにある「むじんくん」が探せます。スマートフォンアプリ「アコムナビ」からも検索できます。

「むじんくん」は年末年始も含めて、1年365日年中無休です。

そのため、忙しい平日を避けて土日に契約をすることも可能です。「むじんくん」の営業時間は朝8時から夜22時までで、店舗によっては夜21時までです。営業時間はホームページや「アコムナビ」から調べられます。

なお、1月1日だけは営業時間が朝8時から夜20時までになっているので、注意が必要です。

「むじんくん」のメリット・デメリット

“自動契約機の「むじんくん」を利用するメリットやデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

「むじんくん」を使うメリット

キャッシング契約をする姿は人に見られたいものではありません。しかし「むじんくん」を使えば人に会うことなくアコムとの契約を結べます。また、その場で審査から契約までを済ませられるので、時間の節約にもなります。即日でお金が必要な場合には、即日融資も可能です。

「むじんくん」の設置店舗は、一部を除いて夜22時まで年中無休で開いています。

急にお金が必要なとき「むじんくん」は頼りになるサービスです。

「むじんくん」にはデメリットもある

人と顔を合わせずに契約ができるとはいえ、「むじんくん」はアコムの看板が出ている店舗に設置されています。

そのため、人目を気にする女性にとって、利用しやすい環境ではありません。特に家の近所の「むじんくん」は、店舗に出入りする際の人目が気になり、利用しづらいです。

女性が「むじんくん」を利用するなら、事前にホームページや「アコムナビ」で利用しやすい場所に設置されている「むじんくん」をチェックしてから出向くとよいでしょう。

アコムATMのメリット・デメリット

“自社ATMであるアコムATMはキャッシングサービスが非常に利用しやすいATMです。アコムATMからの借入や支払は手数料が無料なだけでなく、24時間365日いつでも利用ができます。さらに1,000円単位での借入ができるので、必要な分だけの借入がしやすいATMです。

キャッシングサービス以外にも、残高照会や暗証番号の変更もATMから行えます。非常にお得で便利なアコムATMですが、その利用には次のようなデメリットがあります。

アコムATMは数が少ない

アコムATMはその数が非常に少ないので、利用したい場所に設置されていないかもしれません。提携ATMが全国で約63,000カ所に設置されているのに対して、アコムATM は約1,100カ所にしかありません。

そのため、利用をしたいときには、ホームページや「アコムナビ」から設置場所を確認しておくとよいでしょう。

提携ATMのメリット・デメリット

提携ATMはプライバシーが守られやすい

提携ATMは全国のコンビニなどから利用できるため、家の近所や出先などどこでもお金が必要なときに使えます。

アコムATMとは違い提携ATMならば、借入や支払をしていても、キャッシングサービスを利用しているように見えません。提携ATMはプライバシーが守られやすいサービスです。

提携ATMは手数料が発生する

提携ATMは非常に便利ですが利用すると手数料が発生します。借入、支払、カードローンの新規契約など、アコムATMならば無料で利用できるサービスにお金がかかります。

また、提携ATMの多くは小銭の投入口がないので、1,000円未満の端数を入金できません。

そのため提携ATMから返済を行う場合には1,000円単位で入金しなければなりません。例えば、最小返還額が1,500円であるならば、返済には2,000円以上の入金を行う必要があります。ただし、約定された返済額よりも多く入金された場合には、余剰分は返済金として扱われるので、完済までの期間は短くなります。

ATMで利用限度額の増額はできるか

“アコムは契約時に利用限度額が決まります。キャッシングサービスは利用限度額を上限として、その枠内であれば何度でも行うことが可能です。

利用限度額はアコムが審査し、契約者の申込した金額の範囲内で決定されます。では、利用限度額の増額は契約後にも行えるのでしょうか。

利用限度額の増加には審査が必要

利用限度額の増額は、追加借入とは異なり、借入ができる額面自体を大きくするものです。

そのため、利用限度額の増額には新たな信用審査が行われます。なお、総量規制によって個人が貸金業者から借入られる額面は年収の3分の1が限界なので、それ以上の利用限度額の増加はできません。

長期間アコムを利用し、利用実績と返済への信頼が高まった利用者には、ATMや「むじんくん」の画面、もしくはアコムからの電話で、利用限度額の増額が案内されることがあります。
利用額を増額すると、それにともなって金利の引下げが行われることがあります。

限度額の増額が案内されたときには申込をしてみるとよいでしょう。金利が安くなるかもしれません。

利用限度額の増額を申込む方法

ATMや「むじんくん」に増額の案内が表示されても、直接にそれらの機器から利用限度額の増額を申込むことはできません。

利用限度額の増額をしたい場合には「アコム総合カードローンデスク」に電話をし。利用限度額の増額申込をします。「むじんくん」であれば、備え付けの電話からの申込も可能です。電話では申込がしづらい方は、アコムのホームページや「アコムナビ」から申請をするとよいでしょう。

ATMを利用するときの注意点とは?

アコムは全国に多くの提携ATMがあるため、利用しやすい反面、種類によってATMの使い勝手が変わってきます。ATMを利用するときには次の点に注意しましょう。

ATMが利用できないと思ったときには

アコムは多くの提携ATMを持っていますが、全てのATMでアコムのサービスが利用できるわけではありません。

提携ATM であるかどうかは、ホームページやアプリから確認ができます。また、アコムの利用ができる提携ATMにはアコムのステッカーが貼ってあるので参考にするとよいでしょう。

提携ATMでも利用できる時間は同じではない

コンビニの提携ATMは原則24時間利用できます。しかし、厳密にはそれぞれの設置されている店舗の営業時間によって、利用できる時間は変わってきます。

さらに、アコムでは毎週月曜日の午前1時から5時は点検作業を行うため、その間は全てのATMが使えません。

アコムはATMで借入も返済もカンタン

多くの提携ATMを持つアコムは、大手の中でも、もっとも利用しやすい消費者金融といえます。

キャッシング初心者でも契約がしやすい「むじんくん」や、30日金利ゼロサービスなど、お金を借りやすい環境が揃っています。

提携ATMが多いので出先でも安心

急な出費があっても、アコムのカードがあれば、日本中どこでも安心です。約63,000件の提携ATMからお金を借入できるからです。

また、アコムはATMを利用して簡単に借入と返済を行えます。それだけでなく、アコムのサービスはネットから簡単に申込ができるので、契約を申込するために実店舗まで出向く必要がありません。契約の申込をした時間によっては、インターネット申込であっても、即日融資が可能です。

これから先、キャッシングサービスの利用を考えているならば、アコムの契約から試してみてはいかがでしょうか。