クレジットカードにあるキャッシング機能!金利や限度額はいくら?

クレジットカード

ショッピングなどで便利に使うことができるクレジットカード、持っている人も多くいるでしょう。
クレジットカードは買い物や旅行、食事などの支払いだけではなく他の使い方もできることを知っていますが。

それがキャッシング機能です。

クレジットカードにはキャッシング機能が付いているものもあるのですが利用したことがないという人も多いでしょう。

今回は、キャッシング機能とは何なのか、メリットやデメリットはといったことについて解説していきます。

  1. クレジットカードのキャッシング機能とは?
    1. キャッシングとは?
      1. お金を借りることができる
      2. キャッシング機能がない場合も
  2. キャッシング機能を利用するメリット
    1. キャッシングは便利なの?
      1. すぐに使える
      2. 新たに契約をする必要がない
      3. 海外でも利用可
  3. キャッシング機能を利用するデメリット
    1. キャッシングは危険?
      1. 借金しているという自覚が薄くなりがち
      2. ポイント付与がない
      3. 返済が困難になることも
  4. 覚えておくべきキャッシングの仕組み
  5. キャッシングの利用にかかる金利
    1. 金利とは?
      1. キャッシングには必ず金利がかかる
      2. リボ払いと同程度の金利がかかる
  6. 限度額はいくらになる?
    1. 限度額はどう決まるの?
      1. 審査結果次第で限度額は変わる
      2. 初回は30万円以下がほとんど
      3. 限度額を50万円以上にするには収入証明書が必要
  7. キャッシング枠は増額が可能
    1. 増額するには?
      1. 増額の案内を待つ
      2. 増額申請をする
      3. 自動的に増額されるケースも
  8. キャッシング機能を利用する方法
    1. どうやって利用するの?
      1. 1.ATMやCDにクレジットカードを挿入
      2. 2.暗証番号
      3. 3.借入の選択
      4. 4.返済方法
      5. 5.借入金額
      6. 6.受け取り
      7. 振込での借り入れも可能
  9. キャッシングを利用する場合のポイント
  10. 返済方法はどうなっている?
  11. クレジットカードのキャッシングを利用する際に注意すべきこと
    1. ここに注意!
      1. 住宅ローンの審査に影響
      2. 不正利用されても補償はなし
  12. クレジットカード選びのコツは?
    1. どう選ぶ?
      1. 申し込み条件を満たしている
      2. 利率をチェック
      3. 最大限度額
      4. 発行元で選ぶ
  13. 【おすすめのクレジットカード1】ACマスターカード
  14. 【おすすめのクレジットカード2】イオンカード(WAON一体型)
  15. 【おすすめのクレジットカード3】三菱東京UFJ-VISAゴールドカード
  16. キャッシング機能は賢く利用しよう!

クレジットカードのキャッシング機能とは?

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードについている機能のひとつです。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものが設定されていてそれぞれに使える金額が決まっています。

お金を借りることができる

キャッシング機能とは、クレジットカードを使ってお金を借りることができるサービスです。

つまり、クレジットカードを利用しての借金ですね。

クレジットカードのキャッシングは少額の融資であることがほとんどで、キャッシング枠の限度額としては5万~30万程度という人が多いでしょう。

クレジットカードさえあれば借入することができるので、お金が少し足りないといった時に気軽に借りることができて便利です。

キャッシング機能がない場合も

クレジットカードの機能のひとつであるキャッシング機能ですが、人によってはその機能が使えない場合もあります。

クレジットカードの申し込み時に、キャッシング枠を0円にして申請したという場合には、キャッシング枠がそもそも設定されていませんので、機能として使うことはできません。

クレジットカードには基本的にキャッシング機能はついていますが、キャッシング枠を設定していなければ使うことができないということを覚えておきましょう。

キャッシング機能を利用するメリット

キャッシングは便利なの?

キャッシングを利用するのは不安があるという人も少なくありません。

キャッシング枠を設定していないという人もいるでしょうが、クレジットカードのキャッシング機能には多くのメリットがあります。

すぐに使える

クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードを持っていてキャッシング枠を設定していればすぐに使うことができるというメリットがあります。

提携ATMなどでクレジットカードを使ってすぐに借りることができるので、急にお金が必要になったという場合でも気軽に使うことができるのです。

新たに契約をする必要がない

お金に困ってしまった場合に、借入をする方法としてはカードローンといったものもありますが、利用する場合には新たに契約をしなければなりません。

契約をするためには、審査を受けたり本人確認書類を提出したりと手間がかかりますよね。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能を使うのなら新たに契約をする必要はありません。

クレジットカードがあるのなら、そのまま使うことができますので手続きをする必要がなく非常に手軽に借りることができます。

海外でも利用可

キャッシングは海外でも利用することができます。

ATMから借入することができるので、海外であっても問題なくお金を借りることができるのです。

海外で大金を持ち歩くのが不安、旅行中にお金が足りなくなったという場合でもキャッシングでお金を借りることができるので便利でしょう。

また、現地の通貨で借りることができるため、両替などの手間もかからないというメリットもあります。

キャッシング機能を利用するデメリット

キャッシングは危険?

さまざまなメリットがあるキャッシング機能ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

キャッシング機能を利用するうえでデメリットになるポイントを紹介しますので、メリットとデメリットを見比べてみてください。

借金しているという自覚が薄くなりがち

キャッシング機能は、クレジットカードを利用した借金です。

しかし、ATMから気軽に借りることができるという性質上、借金をしているという自覚が薄くなりやすいというデメリットがあります。

そのため、ついつい借り過ぎてしまうということもあるので、注意しましょう。

ポイント付与がない

ほとんどのクレジットカードにはポイント制度があり、ショッピングなどで利用するとポイントが付与されるようになっています。

しかし、キャッシングでの利用の場合にはポイントの付与はありません。

いくら利用してもポイントは付きませんので、その点もしっかりと頭に入れておいてください。

返済が困難になることも

借金しているという自覚が薄いことから、ついつい借り過ぎてしまうという人もいます。

そうして、返済能力以上の金額を借りてしまって返済が難しくなってしまうということもあるのです。

自分がどのぐらいキャッシングで借入をしているのか、返済能力はどのぐらいなのかということをしっかりと考えて、キャッシングを利用することが大切になります。

覚えておくべきキャッシングの仕組み

クレジットカードと電卓

キャッシングはどのような仕組みになっているのか知るのも、賢くキャッシングを利用するための条件です。

まず、キャッシングはキャッシング枠の範囲でのみ利用することができます。

たとえば、キャッシング枠を10万円に設定しているのなら、10万円までしか借りることはできません。

キャッシング枠以上に借入れをすることはできませんので、もっと借りたいという場合にはキャッシング枠の増額を申請するしかありません。

また、キャッシングを利用するうえで知っておくべきなのは、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているということです。

たとえば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が10万円という場合には、ショッピング枠とキャッシング枠合わせて60万円使えるということではなく、ショッピング枠の50万円の中にキャッシング枠の10万円が入っているといった仕組みです。

ですので、ショッピング枠で45万円使ってしまっていたら、キャッシングできるのは残りの5万円ということになります。

ショッピング枠の方が優先されますの、その月にたくさん買い物をしてショッピング枠を使い果たしてしまったという場合には、キャッシングを利用することはできません。

キャッシングの利用にかかる金利

金利とは?

金利とはお金を借りた時に発生する利息を計算するためのものです。

年○○%というように表記されていることが一般的で、カードローンや住宅ローンなどはもちろんのこと、キャッシングにも金利がかかります。

キャッシングには必ず金利がかかる

お金を借りると必ず利息を支払う必要がありますので、クレジットカードでのキャッシングでも例外なく金利がかかります。

ショッピングでの一括払いでは金利手数料はかかりませんが、キャッシングの場合には一括払いしたとしても借りた期間分の金利がかかりますので注意しましょう。

リボ払いと同程度の金利がかかる

キャッシングにどのぐらいの金利がかかるのかというと、一般的にはリボ払いや分割払いと同程度金利がかかると言われています。

年率18%程度取られるのが相場になっていますので、10万円を1カ月借りているという場合には1,500円の金利手数料を元本とは別に支払うということになるのです。

こうみると、意外と多くの金利がかかっているということがわかりますよね。

限度額はいくらになる?

限度額はどう決まるの?

クレジットカードを作るためには審査を受けることが必要になります。

その審査の結果で、ショッピング枠やキャッシング枠の限度額というのは決まるのですが、どのように決定されるのでしょうか。

審査結果次第で限度額は変わる

限度額は審査によって決定されますので、人それぞれその額は違います。

審査では、年収や勤続年数といった属性、信用情報に事故情報がないかなどを見られることになるのです。

申込人の返済能力や信用力が高ければ、限度額は多くなります。

初回は30万円以下がほとんど

クレジットカードの新規申し込みという場合には、ほとんどの人がキャッシング枠は30万円以下に設定されます。

相場としては10万円~20万円程度でしょうか。

初回から利用限度額を大きくするのは、もし返済してもらえなかったなどという時にクレジットカード会社のリスクが大きくなりますので、比較的少額に設定されることが多いのです。

限度額を50万円以上にするには収入証明書が必要

限度額をもっと増やしたいと考えている人もいるでしょうが、キャッシング枠を50万円以上にするためには収入証明書を提出する必要があります。

50万円以上となると大きな額になりますから、きちんとそれに見合うだけの収入があるのかどうかを証明することが必要になりますので、増額申請する前に収入証明書を準備しておくといいでしょう。

キャッシング枠は増額が可能

増額するには?

申し込み時にキャッシング枠を0円にしていたけれども後からキャッシングを使いたくなった、キャッシング枠が少なくて不便という場合にはあとからキャッシング枠を増額することも可能です。

増額するためにはどのようにしたらいいのか見ていきましょう。

増額の案内を待つ

まずひとつ目の方法としては、増額の案内がクレジットカード会社からくるのを待つという方法です。

クレジットヒストリーを積んでいけば増額の案内がくることがあります。

案内がくれば、ほとんどの場合は審査に通りますのでスムーズに増額することができるでしょう。

増額申請をする

自分から増額申請をすることも可能です。

案内がくるのを待てない、キャッシング枠が0円に設定してあるという場合には、増額申請をしてみましょう。

増額するためにはまた新たに審査がおこなわれることになります。

その審査に通ることができればキャッシング枠が増額されます。

自動的に増額されるケースも

定期的に利用している、滞りなく返済しているなどの状態が長期間続くと自動的に増額されているケースもあります。

これは、信用度が一定基準に達したということの証です。

自動的に増額されていると戸惑う人もいるでしょうが、そのまま使ってしまって大丈夫ですので安心してください。

キャッシング機能を利用する方法

ATM

どうやって利用するの?

キャッシング機能はついていても、どのように利用したらいいのかわからないという人もいるでしょう。

キャッシング機能を利用するためには、ATMやキャッシュディスペンサーからお金を引き出すというのが一般的な方法になっていますので、手順を見ていきましょう。

1.ATMやCDにクレジットカードを挿入

まずは、提携ATMやキャッシュディスペンサーにクレジットカードを挿入してください。

キャッシュカードなどを使う時と同じようにすればいいので、戸惑う必要はありません。

2.暗証番号

カードを入れたら暗証番号の入力を求められますので、クレジットカード契約時に設定した暗証番号を入力しましょう。

3.借入の選択

暗証番号を入力したら、ATMの画面に「お借入」「ご返済」などの項目が出でます。

借入をするためにはその中から「お借入」を選択して画面をタッチしましょう。

4.返済方法

次は返済方法を選択することになります。

一括払いや分割払い、リボ払いなどそのカードによって選べる返済方法は違いますので、自分が返済しやすい方法を選んでください。

カードによっては支払い方法が限定されていて、返済方法を選択できない場合もあります。

5.借入金額

返済方法を選択し終わったらいよいよ借入金額の入力です。

キャッシング枠の範囲内で、自分が必要としている金額を入力しましょう。

6.受け取り

金額を入力すれば、お金を借りることができます。

キャッシュカードでお金を引き出すときと同じように入力した金額が出てきますので受け取りましょう。

クレジットカードと利用明細も忘れずに受け取ってください。

これで、借入は完了です。

振込での借り入れも可能

ATMやキャッシュディスペンサーでの借入以外にも、口座に振り込んでもらうといった利用方法もあります。

クレジットカードの会員ページにアクセスして手続きすれば口座振り込みでのキャッシングもできますので、公共料金などの引き落とし日なのに口座にお金がないといった場合には便利でしょう。

キャッシングを利用する場合のポイント

非常に手軽に借入することができるキャッシングですが、手軽だからこそきちんと考えて利用することが必要になります。

まず、キャッシングを利用する時には、必ず返済計画を立ててください。

一括で返済するのか、それとも分割なのかということをよく考えましょう。

分割やリボ払いでの返済には金利手数料がかかるということも忘れないでください。

自分の返済能力と借りる金額が見合っているのかしっかりと考えて、返済の計画を立ててから借りるようにすると、あとあと返済できなくて困ってしまうといったことがなくなります。

また、借り過ぎないようにするということも重要なポイントです。

ATMなどで簡単に借りることができるキャッシングですから、ついつい借り過ぎてしまうという人も珍しくはありません。

必要性が高くないのに借りるということだと、癖になってしまっていつの間にか多くの借金になっていたというケースもありますから、どうしても必要な時にだけ利用するようにしましょう。

返済方法はどうなっている?

キャッシングの返済方法としては主に、一括払いかリボ払いのふたつです。

どちらの場合でも金利手数料はかかりますが、一括払いの場合には支払いが一度なので金利手数料もその一回限りです。

対してリボ払いは、支払い回数が複数回になりますからその分だけ金利手数料を支払うことになります。

金利手数料をできるだけ払いたくないという場合には、一括払いを選択するといいでしょう。

また、リボ払いは支払い期間が長くなりやすいという特徴があるので、結果的に支払い総額が大きくなるといったケースが多くなっていますから注意してください。

返済方法を選べるクレジットカードが多いのですが、中には支払い方法が限定されていて選択できないようになっている場合もあります。

ですので、契約前にキャッシングの支払い方法がどうなっているのかしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する際に注意すべきこと

ここに注意!

便利にお金を借りることができるクレジットカードのキャッシングですが、利用する際に注意した方がいいポイントもあります。

知らずにいると思わぬトラブルに見舞われるということもありますので、注意点について見ていきましょう。

住宅ローンの審査に影響

クレジットカードでのキャッシングは住宅ローンの審査に影響しますので、注意が必要です。

キャッシング枠は住宅ローンの返済比率に影響があります。

住宅ローンを組むときにキャッシングを利用していなかったとしても、クレジットカードのキャッシング枠いっぱいに借りているものとして返済比率を計算することになっているので、キャッシング枠が大きければ大きいほど住宅ローンで借りることができる金額が少なくなってしまうのです。

心配な場合には、キャッシング枠を0円にしてから住宅ローンを組むなどするといいでしょう。

不正利用されても補償はなし

クレジットカードが紛失・盗難に遭うなどして不正利用された場合には、盗難補償などが自動付帯されているので不正利用されても補償してもらうことができます。

ただしこれは、ショッピング枠に限ります。

キャッシングが不正利用されたとしても補償の対象外になっていますから、注意してください。

クレジットカード選びのコツは?

どう選ぶ?

クレジットカードを新規契約したいと考えている人も多いでしょうが、どのように選べばいいのでしょうか。

さまざまな会社からクレジットカードは発行されていますから悩んでしまうという人も多くいますので、クレジットカード選びのコツを紹介していきます。

申し込み条件を満たしている

まず初めに確認するのは申し込み条件です。

申し込み条件を満たしていなければ、そもそも審査に通ることはできません。

年齢や年収で条件を設けているところや申し込み条件が緩いところなどさまざまですので、条件を見比べて満たしているクレジットカードを選びましょう。

利率をチェック

クレジットカードには利率が設定されています。

キャッシング枠はもちろんのこと、ショッピング枠でも分割払いやリボ払いの際の利率が記載されていますので、よく見比べて少しでもお得に使えるクレジットカードはどのカードなのか検討してください。

最大限度額

クレジットカードはそれぞれ利用限度額が設定されています。

自分の年収やどのぐらい利用したいのかなどをあらかじめ考えておいて、その金額と利用限度額を見比べてください。

初回は低めに設定されても利用していくと増額することが可能になりますので、利用頻度が高いということなら最大限度額が高いカードを選ぶといいでしょう。

発行元で選ぶ

クレジットカードはさまざまなところから発行されています。

銀行系や流通系、信販系や消費者金融系とさまざまですから、自分に合った発行元はどこなのかを考えて選んでみてください。

【おすすめのクレジットカード1】ACマスターカード

おすすめのクレジットカードとしてまず挙げられるのが、ACマスターカードです。

ACマスターカードは、消費者金融系のクレジットカードで消費者金融大手のアコムが発行しているカードになります。

利率は年10.0~14.6%、キャッシングの利用限度額は最大で800万円となっています。

即日発行が可能なクレジットカードですので、急ぎでクレジットカードが必要という場合には便利でしょう。

ACマスターカードの特徴としてはリボ払い専用のクレジットカードだということです。

そのため、返済方法はリボ払い以外を選ぶことはできません。

消費者金融系のクレジットカードということで、比較的審査に通りやすいと言われているのがACマスターカードです。

とりあえずクレジットカードを作りたいという場合や最初に作る一枚としてはいいでしょう。

アコムの審査に落ちてしまう理由は?落ちたらどうすればいい?

【おすすめのクレジットカード2】イオンカード(WAON一体型)

イオンカードはその名の通り、イオングループのクレジットカードになります。

イオンカードは流通系のクレジットカードで、利率は年7.8~18.0%、キャッシングの利用限度額は最大で300万円です。

返済方法は、一括払いやリボ払いなどから選択することができますので、自分に合った返済方法を選べるのもメリットです。

イオンカードはショッピングに力を入れているカードで、イオン系列の店舗で買い物をすればポイントがいつでも2倍というようにポイントプログラムが充実しているだけでなく、お客様感謝デーには買い物料金5%オフなど、お得に使えるようになっています。

日常的にイオン系列で買い物をするといった人にとっては魅力的なカードでしょう。

【おすすめのクレジットカード3】三菱東京UFJ-VISAゴールドカード

三菱東京UFJ-VISAゴールドカードは、三菱UFJ銀行が発行している銀行系のクレジットカードです。

利率は年14.5%で、キャッシングの利用限度額は最大100万円となっています。

こちらのカードはゴールドカードなのでステータスといった意味でも持っておいて損はないカードです。

ゴールドカードながら、年会費が無料になるサービスがあるのも特徴です。

年間のショッピング利用額が100万円を超えていれば翌年の年会費は無料になります。

日々の買い物だけでなく公共料金の支払いや保険料、電話代などもカウントされますから、日常的な支払いをキャッシングカードに変えておけば、条件を満たすのは難しくありません。

銀行系カードなので、キャッシュカードとクレジットカードが一体化したカードも発行しています。

カードを多く持ちたくないという方にもいいでしょう。

キャッシング機能は賢く利用しよう!

このように、クレジットカードを利用したキャッシングはとても便利なものです。

急な出費があるといった場合でも、クレジットカードさえ持っていれば余計な手続きなどをする必要がなく、すぐに借りることができるのでいいでしょう。

しかし、キャッシングはあくまでも借金だということを忘れないようにしてください。

便利だからとついつい借り過ぎてしまえば、返済が困難になってしまう事も考えられます。

そして、借金なので利息もかかります。

ですから、自分の返済能力をしっかりと把握して、返済計画を立ててからキャッシングを利用するようにしましょう。

しっかりと計画を立てて使えば便利なものですので、衝動的に使うといったことは控えて賢く利用するようにしてください。