お金欲しいときはどうすべき?対策方法をレクチャー!

お金に関する豆知識

「お金欲しい」と思っても、お金は自分で印刷して作るわけにはいきません。

お金を手に入れるには「働く」「借りる」「もらう」など、方法は限られています。

少しでも多くのお金を集めるためには、無駄な出費を抑えることも大切です。

なぜ「お金欲しい」と人は思うのでしょうか。

お金が必要な理由がわかりさえすれば、お金が欲しいときにどのような行動を取るべきかの指針になります。

以下では、お金が欲しい理由を検討した後に、お金を手に入れるための方法について解説します。

お金が欲しい、お金に困っている、そんな人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

  1. お金欲しいと思うのはなぜ?
    1. 生きるのにお金は大切
    2. 自己実現にお金は必要
    3. お金を持っていると安心
  2. お金欲しいと考える人が忘れてはならないこと
    1. お金にこだわる理由
    2. お金に振り回されないためには
      1. お金が必要な理由を考える
      2. 幸せかどうかは大切な基準
  3. お金の正しい使い方って?
    1. 投資にお金を使う
      1. 投資のコツ
    2. 大切な経験を得るために使う
    3. 大事な人のために使う
  4. 不用品を売却してお金を手に入れる
    1. 意外なものが売れ筋になることも
  5. 副業でお金を手に入れる
    1. 副業のリスクを避けるためには
  6. 投資でお金を手に入れる
    1. 投資信託
    2. FX(外国為替証拠金取引)
    3. 仮想通貨への投資
    4. 株式投資
    5. 不動産への投資
  7. 自宅にいながらお金を手に入れる
    1. クラウドソーシング
    2. アフィリエイト
    3. 内職で空いた時間にお金を稼ぐ
  8. 転職してお金を手に入れる
  9. 起業してお金を手に入れる
    1. 企業は倒産のリスクと隣合わせ
  10. 節約をしてお金を手に入れる
    1. 生活にいくら使っているかを分析
  11. 固定費の見直しをする
    1. 通信料金をチェックしよう
    2. 電気・ガス・水道など公共料金
    3. 住宅費の見直しをしよう
      1. 持ち家の場合には住宅ローンの利率を相談
    4. 保険の見直しは大切
  12. 宝くじに挑戦してみる
    1. 全国販売されるジャンボ宝くじ
    2. 好きな番号を選んで当てるロトくじ
    3. スクラッチくじとは
  13. 趣味を活かしてみる
    1. 仕事のオーダーを出品できる
  14. キャッシングでお金を工面する
    1. キャッシングの利用は計画的に
  15. 家族や友人にお金を借りる
    1. なぜお金が必要なのか
    2. 返済の期日について
    3. 信頼関係に傷を付けないように注意
  16. 収入を増やすか支出を減らすのが主な方法!

お金欲しいと思うのはなぜ?

お金で幸せを買うことはできないとは言いますが、実生活でお金を持っていないと、さまざまな行動が制約されます。

そのため、お金は社会で生きていくために必要な要素です。

生きるのにお金は大切

お金は、光熱費や食費、保険や税金の支払いなど、社会生活を営むのに欠かせません。

お金があるほどに支払いに余裕ができてくるので、生活が楽に感じます。

たくさんお金があれば、生活に必要な要素を少しずつ向上させることもできます。

美味しいものを食べたり、部屋の調度を高級なものにしたりするなど、欲しいものを手に入れることも可能です。

自己実現にお金は必要

思い描いたことを実現するためには、日々の努力や経験の蓄積だけでなく、お金も必要です。

例えば、留学をしたり資格試験に合格をするには、相応の教育費も必要でしょう。

海外旅行に行き見地を広げるにもお金はかかります。

自己実現を成功させ、夢をかなえるにはお金は欠かせない要素です。

お金を集めることによって、お金持ちと思われ、他の人から一目おかれる存在となることもできます。

お金を持っていると安心

生活を営む上で、不慮の災難に対処するにもお金はとても大切です。

万が一の事故や病気などで、入院が必要となっても、お金があれば安心して治療に専念できます。

くわえて、予防医療などを積極的に受けられ、健康の増進を図ることもできます。

また、変化が激しい現代社会では、老後の蓄えは将来の不安を払拭するために必要です。

お金があれば、さまざまな健康リスクや将来への不安から、開放されやすくなります。

お金はこのような理由から、ほとんどの人が欲しいと思うものです。

お金欲しいと考える人が忘れてはならないこと

「お金欲しい」と思う理由はさまざまです、多くの人がお金を手にいれるために悩んでいます。

しかし、お金を十分に持っている人でもお金に関する悩みがなくなることはありません。

それどころか「お金欲しい」と思い過ぎることで、人生において大切なものを見失ってしまう場合があります。

お金にこだわる理由

なぜ人はお金の多寡にこだわってしまうのでしょうか。

社会生活の中では「お金がなければ生きられない」と思っているからかもしれません。

ですが実際には、お金がなくとも友人や親族を頼ることができ、社会にはセーフティネットもあります。

お金がないからといって、生きていけないわけではありません。

お金にこだわり過ぎて、人生を振り回されることのないようにしましょう。

お金に振り回されないためには

お金に振り回されないように生きるには、自分にとってどれだけのお金が必要かを、しっかりと把握しておくことが大切です。

お金が必要な理由を考える

お金をためる際には「いつ」「どのように」お金を使うのかの理由を明確にして、目標を立てるようにしましょう。

目標があることで、お金を余分に追い求めることがなくなるだけでなく、お金をためるモチベーションも維持できます。

また、使ったお金に意味があったのかをしっかりと検証することも大切です。

使ったお金を意義あるものにすることで、余分な支出を減らし、お金に振り回されない生き方がしやすくなります。

幸せかどうかは大切な基準

お金があれば、多くの夢や希望を現実にできます。

ですが、お金がなければ幸せになれないわけではありません。

「お金欲しい」と思う理由はさまざまです。

しかし、そこに共通するのは、幸せになりたいという考えです。

お金に振り回されずに生きるためには、自分の生活が満たされているのか、幸せであるのかを考えてみることが大切でしょう。

なぜなら幸せを直接お金で買うことはできないからです。

人生は多少お金が足りなくても生きていけます。

せっかくの人生なのだから、お金に振り回されるのではなく、お金を上手に使い、人生が豊かなものとなるようにしましょう。

お金の正しい使い方って?

お金は簡単に手に入れられるものではありません。

働くならば、相応の労力と拘束時間の代償としてお金は手に入ります。

しかし、お金の正しい使い方について知らなければ、苦労して手に入れたお金を無駄に使ってしまいます。

正しいお金の使い方は、本当に自分にとって必要なものに使うことです。

せっかく苦労して稼いだお金をどぶに捨ててしまわないようにしましょう。

投資にお金を使う

お金は使い方によってその価値を増します。

ただ消費をするだけの使い方ではなく、本当の財産となるものにお金を使うようにしましょう。

そのためにはお金を投資に使うことが大切です。

株式や証券などの資産への投資だけではなく、知識や健康、生活インフラといった自己投資にお金を使うのもよいでしょう。

投資のコツ

投資にお金を使うときには、稼いだ額よりも大きなお金は使わないことが大切です。

稼いだ額面よりも大きな投資をしてしまうと、予想した程の価値を生まなかった場合に収入を超えた損失が残り、次に投資するための種銭を失ってしまうからです。

投資は使った額よりも大きな価値を得るための行為です。

損失を生まないためにも、収入を超えた支出は行わないようにしましょう。

大切な経験を得るために使う

自己投資と重なる点はありますが、経験を買うためにお金を使うのもよいでしょう。

経験はお金に換価し難い価値があります。

経験は考え方や感じ方を成長させ、人生を豊かで素晴らしいものにします。

大事な人のために使う

お金が生きる使い方とは、使った額面以上の価値を生み出すことです。

その価値には、満足感や幸せといった、数字にすることが難しいものも含まれています。

満足感や幸せを得るためには、お金は大事な人のために使うとよいでしょう。

家族やパートナーなど、身近な誰かを喜ばせるためにお金を使うことで、幸福感を感じられます。

不用品を売却してお金を手に入れる

お金を手に入れるためには中古ショップやフリマアプリはとても便利です。

自宅にある不要品は捨てずに、中古ショップやフリマアプリを利用して売却しましょう。

中古ショップを使うなら、買取キャンペーンなどの店舗広告が出ている時期に売るとよいでしょう。

また、中古ショップに持ち込む前に不要品の汚れを落とし、付属品などをひとまとめにしておくと、買取価格のアップが期待できます。

意外なものが売れ筋になることも

フリマアプリでは変わった商品が人気になる場合があります。

例えばトイレットペーパーの芯やペットボトルのキャップ、古新聞などが引く手あまたな商品になったケースがあります。

自分では価値がないと思っていた不要品でも、意外な程の価値が付くかもしれません。

不要品を見つけたときは捨てるのではなく、まずフリマアプリで出品するようにしましょう。

副業でお金を手に入れる

正社員として働いている人ならば、副業によって収入を増やせます。

さまざまな副業がありますが、土日や祝日など、会社が休みの日だけ副業をしたいのならば、日雇いバイトがおすすめです。

バイトアプリなどに登録をすることで、都合のよい日程のアルバイトを探せます。

お金をすぐに手に入れられるのも日雇いバイトの魅力です。

副業のリスクを避けるためには

正社員が副業を行うと、休みが減ることによる疲労の蓄積や、本業のパフォーマンス低下などのリスクがあります。

また、残念ながら、日本の多くの会社は副業を許可していませんし、副業によいイメージを持っていない会社も少なくありません。

副業を始める前に、現在働いている会社の就業規則を確認しておきましょう。

就業規則によっては、副業を行うと規則違反で解雇されてしまう場合があります。

副業の内容によっては「競業禁止」に問われるかもしれません。

副業を行うなら、必要に応じて会社に報告をしておくようにしましょう。

投資でお金を手に入れる

お金は働くか投資をすることによって稼ぎ出せます。

投資には次のようなものがあります。

投資信託

投資信託とは、投資家から広く集めたお金を、ファンドマネージャーが運用する投資方法です。

ファンドマネージャーは、株式やFXなどにお金を投資し、その運用利益を投資家に分配します。

投資信託は小額から始められ、複雑な運用をプロに任せられるので、初心者にも始めやすい投資方法です。

投資信託は、株式やFXなどさまざまな投資分野に分散して運用されるので、極端な値下がりなどの投資リスクに強く、比較的安全な投資方法です。

FX(外国為替証拠金取引)

FXは外為取引とも呼ばれています。

外国通貨を交換や売買することによって、差額利益を得ることが目的の金融商品です。

FXは24時間取引が可能な、小額から始められる投資です。

手数料も安く、レバレッジによって運用資産以上の額面を投資しない限り、投資初心者にも向いています。

仮想通貨への投資

仮想通貨投資は、仮想通貨を売買や交換することによって利益を得る投資方法です。

仮想通貨は「取引所」と呼ばれるウェブサイトから購入します。

仮想通貨投資を始めるために必要なものは、「取引所」への登録と銀行口座の設定だけです。

非常に簡単なだけでなく、数百円の投資額から始められます。

24時間取引ができるので、時間拘束が厳しい職業の人でも始めやすい投資です。

株式投資

株式会社は、会社の活動資金を得るために、株式を発行しています。

株式投資は、株式の値上がりや配当金によって利益を得る投資方法です。

株式の変動は社会動静の影響を受けやすいため、比較的投資リスクは高いといえます。

ですが、投資感覚を身に付け、世の中のニュースが身近になることから、多くのサラリーマンに好まれている投資です。

不動産への投資

アパートやマンションといった不動産を購入して家賃収入を得たり、不動産の転売などで利益を得る投資方法を、不動産投資といいます。

不動産を購入するための借入れがしやすいことから、サラリーマンの副業に向いています。

現物資産を持つため、低リスクで長期的な収入が得やすいことが魅力です。

不動産投資は、不動産管理会社などの助けを借りることで、まったく労力をかけずにお金を稼ぐことも可能です。

自宅にいながらお金を手に入れる

自宅にいながら、空き時間を利用してお金を稼ぐこともできます。

在宅業務ならば、家事や子育ての間に仕事をすることも可能です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人たちで作業を行い、仕事を終了させる在宅ワークのことです。

企業がクラウド上に作業案件の供給を行い、その仕事を完了させたものに報酬が支払われます。

クラウドソーシングを始めるには、初期投資の必要がありません。

さまざまな種類の仕事があるので、個人のスキルを活かしやすい業務形態です。

しかし、作業単価が安く、競争相手が多いので、大きな収入につなげるのは簡単ではありません。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、サイトやブログを運営し、商品やサービスの紹介や販売することで報酬を得る方法です。

パソコンやスマートフォンがあれば、初期費用をかけずに始められる仕事です。

アフィリエイトは、収入を得られるようになるまでに時間がかかります。

そのため短くとも半年は継続して仕事を行わなければなりません。

また、サイトやブログを作る基本的なスキルが必要です。

内職で空いた時間にお金を稼ぐ

内職は、メーカーなどに雇われ、在宅で組立てや商品加工の仕事を行なうことで報酬を得ます。

自宅で仕事が行え、作業も複雑なものは少ないので、未経験者でも始めやすい仕事です。

ですが、作業単価が安いため、まとまった報酬を得るには、多くの作業をこなす必要があります。

転職してお金を手に入れる

昨今は人材の流動化が激しいため、同水準の仕事であっても支払われる給料は会社によって異なります。

大まかな年収は本人の持つ業務スキルに比例しますが、どの程度そのスキルが職場で求められているかによっても、給与は変化します。

そのため、給与アップを狙うならば、転職を考えるのもよいでしょう。

ただし、転職をする際には年収だけでなく、待遇面も考慮にいれる必要があります。

また、経営ビジョンや社風といった、会社環境にも注視して転職先を選ばなければなりません。

自身が持つスキルとマッチした会社を選んだ場合、一時的に年収がダウンしたとしても数年後には年収がアップしていることも多いです。

年収を上げるための転職には、自分の能力や価値観と適合した会社を選ぶことが大切です。

起業してお金を手に入れる

収入を上げたいと思うならば、会社員ではなく経営者となるのもよい方法です。

一般的に、会社員は大きな収入を得ることは難しいといえます。

なぜならば経営者はリスクを分散させるため、会社員に大きな給与を支払うことが難しいからです。

やりたい仕事が明確になっており、それが求められていると確信できる仕事なら、起業は収入アップのチャンスです。

企業は倒産のリスクと隣合わせ

ですが、多くの会社は非常に短い期間で倒産します。

10年間経営が続く企業は、全体のおよそ6%ほどであるといわれています。

収入アップを図って企業をするには、このようなリスクを背負わなければなりません。

会社経営を成功させ大きな収入を得るには、事前にしっかりとしたビジネスプランを立てている必要があります。

節約をしてお金を手に入れる

毎日生活をしているだけでもお金は減っていきます。

収入を上げられなないのであれば、支出を減らすことでお金をより多く手元に残せます。

無駄遣いを減らし節約した生活をするためには、支出の管理が大切です。

生活にいくら使っているかを分析

支出を管理するには、自分の生活を見直し、何にお金を使っているのかを1つずつ分析することが重要です。

余分な支出がなくなったとしても、生活には支障がでませんが、お金は手元に残っていきます。

支出の分析にはスマホアプリなどを使って、なるべく1円単位で何にお金を使ったのかを記録していきましょう。

一定期間記録が済んだならば、支出内容を確認し、生活に不要なものは全てカットしていきます。

外食や遊興費など、それが最低限自分の生活を維持するために必要なものかを分析して、不要なものにお金を使わないようにしましょう。

固定費の見直しをする

支出の見直しをする際には以下の固定費のチェックを行いましょう。

なぜなら、固定費の見直しは毎月の支払いを減らすからです。

月々では少ない額面でも、年間を通して考えると非常に大きな削減効果が得られます。

通信料金をチェックしよう

インターネットが普及し、携帯電話が一般化してから、毎月の通信費は大きな負担となっています。

インターネットやスマートフォンは、利用条件が合うのであれば安いプランに変更し、不要なオプションを外して支出を減らしましょう。

固定電話の基本料金も、NTTの一般電話から「ひかり電話」や「IP電話」などに切り替えることで安くなります。

電気・ガス・水道など公共料金

公共料金は毎月払いから支払い方法を変更すると割引にされる場合があります。

例えば、NHK受信料は毎月払いから1年払いに変更することで8%割引されます。

また、毎月の電気代が高いのなら、電力会社を変えるのもよい方法です。

なお、公共料金の支払いにクレジットカードを使うことで、ポイントをためることもできます。

住宅費の見直しをしよう

賃貸で住んでいると家賃は大きな固定費です。

無理のない生活をするには、家賃は手取り額のおよそ30%が目安であるといわれています。

もしも、30%を超えているなら、貸主と家賃の値下げを話し合うとようにしましょう。

交渉がうまく進まない場合には引っ越しの検討もするべきです。

持ち家の場合には住宅ローンの利率を相談

住宅ローンは返還までに何十年もかかります。

そのため、ローンを組んだ当時と現在では金利が異なることがあります。

金利を、ローン会社との交渉や借換えによって下げられたなら、大きな固定費の削減となるでしょう。

保険の見直しは大切

保険は契約内容が複雑なため、内容やオプションをよく理解しないままで契約を続けていることがあります。

まず、契約から余剰な補償を取り除くことから始めましょう。

次に、掛け捨て型になっている保険を貯蓄型の保険に切り替えることで、固定費でしかなかった保険料金を資産にできます。

宝くじに挑戦してみる

もしも運に自信があるなら、宝くじは一気にお金を手に入れるチャンスです。

当せんすれば何億円ものお金が手に入るかもしれません。

宝くじは店頭販売の他、ネットやATMからも買えます。

店頭では「ジャンボ宝くじ」や「ロトくじ」「スクラッチ」が購入できます。

ネットからは「ジャンボ宝くじ」と「ロトくじ」が購入可能です。

ATMでは「ロトくじ」のみとなっています。

全国販売されるジャンボ宝くじ

「ジャンボ宝くじ」とは、年に5回全国で販売される宝くじです。

組や番号が印刷されている宝くじ券を購入することで参加できます。

抽選で決まる当せん番号と、購入した宝くじ券の組や番号が一致すると、当せん金が得られます。

好きな番号を選んで当てるロトくじ

数字選択式宝くじは、通称で「ロトくじ」と呼ばれています。

抽選日が曜日によって決まっており、好きな数字を選んで購入できる宝くじです。

7種類の数字を選ぶ「ロト7」や、数字を選んでビンゴを狙う「ビンゴ5」などがあります。

スクラッチくじとは

「スクラッチ」には当せん日はなく、くじ券を削った結果によって当たり外れがわかる宝くじです。

くじ券をコインなどで削って、絵柄や数字を合わせます。

削り方にはさまざまな種類があり、ゲーム感覚で楽しめる宝くじです。

趣味を活かしてみる

最近では、フリマアプリやウェブサイトの充実で、個人が制作したハンドメイド作品を販売してお金を稼ぐことが簡単になりました。

オリジナルアクセサリーの制作や、趣味でイラスト制作をしている方などは、そのスキルを活かしてみてはいかがでしょうか。

仕事のオーダーを出品できる

オークションサイトやフリマアプリなどでは、すでに出来上がった作品を販売するだけでなく、SNSと連携をさせて仕事のオーダーを募集できます。

要望に応じた作品を作ることで、収入が得られるだけでなく、製作者としての知名度が上がるかもしれません。

オリジナル作品を作り出せるスキルは、本格的な収入が得られる素晴らしい能力です。

また、多くの人の要望を取り入れて作品を作ることで、制作技術も磨かれていきます。

クリエイターとして趣味の作品を世界に紹介することは、一石二鳥な稼ぎ方といえます。

キャッシングでお金を工面する

急にお金が必要になった時は、キャッシングサービスはとても便利です。

キャッシングとは、クレジットカードやカードローンを利用して、お金を借りることです。

ATMから24時間利用できるので、どんなときでもお金を用意できます。

無担保で利用できるだけでなく、無利息キャンペーンを利用すれば、利息すらかかりません。

キャッシングの利用は計画的に

非常に便利なキャッシングサービスですが、手にしたお金は借りたお金です。

それは借金でしかなく将来的に必ず返済しなけばいけません。

その場限りの遊興や欲しいものが我慢できないなどの無駄遣いには利用するべきではありません。

キャッシングサービスは、あくまで生活を補助するものです。

借金が当たり前にならないように、利用する際には返済プランを立て、計画的に借入れを行なうようにしましょう。

家族や友人にお金を借りる

どうしてもお金が必要で、キャッシングもできない場合には、家族や友人などを頼ってみましょう。

一時的にお金を借りられるかもしれません。

しかし、身近な人にお金を借りるからこそ、次のようなポイントを明確に説明することが大切です。

なぜお金が必要なのか

お金を他人に借りなければならない状態とは、普段の生活とは違う異常事態です。

そのため、使い道がわからないのでは、お金を貸す方も不安を抱えます。

どれだけ親しい間柄であったとしても、お金が必要な理由をしっかりと説明してお金を借りるようにしましょう。

返済の期日について

お金を借りる際には、いつまでにそのお金を返せるのかも説明するようにしましょう。

いつお金が返済されるのかは、貸す方にとっても言い出しづらい事柄です。

遅くなればなるほど「返済されないかも」と不安を抱くようになります。

人間関係を壊さないためにも、いつまでに返済できるかをしっかりと示すようにしましょう。

信頼関係に傷を付けないように注意

家族や友人とのトラブルは、金銭問題が皮切りとなるケースが多いです。

人間関係を崩さないためにも、なるべく家族や友人からの借入れはしないほうがよいでしょう。

また、お金をどうしても借りなければならなくなったときには、必ず借りたお金は期日までに返し、しっかりとお礼の気持ちを伝えることが大切です。

収入を増やすか支出を減らすのが主な方法!

社会生活を営む上で、お金は欠かせない大切なものです。

ですが、お金を追い求め過ぎては人生を見失ってしまうことがあります。

お金はなぜ必要なのか、何に使うのかを考えて稼ぐことが大切です。

お金を稼ぐにはアルバイトや正社員として働くほかにも、空き時間を利用した在宅ワークや趣味のスキルを活かした活動など、さまざまな方法があります。

また、正社員として働いている人も副業によって収入を増やすことが可能です。

収入の増加が図れない場合には、無駄な支出がないかをチェックするようにしましょう。

特に固定費の削減は、支出を大幅に減らす効果があります。

家計をくまなくチェックすることで、自分がどのようにお金を使っているかを知ることもできます。

もっとお金が必要だと感じたときは、収入の増加と支出の減少、いずれが自分にとって効果的かを考えて行動するようにしましょう。