急な出費は上手にやりくり!金額別でおすすめの対策をご紹介!

お金の悩み

日々生活していると、いくつかの避けられない不幸があります。

それら予期せぬトラブルに対応するには「お金」がかかります。

そしてそうしたトラブルで発生する「急な出費」の具体的な金額は、トラブルの種類によって様々です。

今回は、そうした多彩な急な出費に対応するために、急な出費にかかった金額別に対策を考えていきましょう。

また、急な出費に対応するための資金源についても、一緒に考えていきましょう。

  1. よくある急な出費のパターン5選
    1. 急な飲み会の誘い
    2. 予期せぬ病気・怪我
    3. 家電の故障
    4. 冠婚葬祭
    5. 公共料金・税金の支払い
  2. 5万円以下の急な出費対策
    1. 友人からの借金
    2. クレジットカードを使って資金調達
    3. 持ち物を売る
  3. 6万円~50万円の急な出費対策
    1. 日雇いバイト
    2. 未来への貯金を切り崩す
    3. キャッシングを複数利用する
    4. 闇金・ソフトヤミ金で借り入れ(リスキー)
    5. 個人融資
  4. 50万円以上の急な出費対策
    1. もはや気軽なキャッシングでは追いつかない金額…
  5. 急な出費はキャッシングでやりくり
    1. 5万円以下の急な出費で役立つキャッシング
      1. レイクALSA
          1. レイクALSAには2つの無利息サービスがある
    2. 6万以上~50万円未満の急な出費なら大手消費者金融でやりくり!
    3. 消費者金融は50万円以上の借り入れから収入証明が必要になる
      1. 消費者金融の初回利用では借入限度額が30万円程度になることが多い
      2. 大手消費者金融なら土日祝日も「自動契約機」で借り入れOK!
      3. 大手消費者金融4社の特徴
          1. プロミス
          2. アコム
          3. アイフル
          4. SMBCモビット
    4. 50万円以上の急な出費は銀行カードローンでやりくり!
      1. 銀行カードローンなら収入証明は少なくとも100万円以上
      2. 銀行カードローン3社の特徴
          1. 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
          2. 三井住友銀行カードローン
      3. みずほ銀行カードローン
  6. 急な出費にはあらかじめ対策を
    1. 節約する
      1. スマホ代
      2. 食費
    2. 冷静に対処する
    3. 「急な出費用貯金」を作っておく
    4. 急な出費の対応策を知っておく
    5. 転職する
    6. スピリチュアルに頼ってみる
      1. 「お金の器」を広げる
      2. 「デンタルケア」で急な出費を遠ざける
  7. 急な出費まとめ

よくある急な出費のパターン5選

まずは、現代人がどういったタイミングで急な出費に苦しめられるのか、よくある急な出費のパターンから学びましょう。

原因を知っておくことで、結果に対する対処法も考えることができるのです。

急な飲み会の誘い

学生、社会人でも多いのが、「急な飲み会」での出費です。

急に誘われる飲み会…断るのも悪い…でもお金がない…。

結果、あとでその出費で苦しんでしまうことになるのです。

特に給料日前の飲み会の誘いなんか、かなりしんどいですよね…。

予期せぬ病気・怪我

予期せぬタイミングで怪我、また病気に苦しむと、その治療費で出費が発生してしまいます。

普段から健康を維持しておく、事故に気をつけておく…など出来ることはありますが、それにも限界がありますよね。

怪我や病気は、レジャー資金とは違い、命にかかわるお金なので、この出費は仕方ないですよね。

家電の故障

家電が壊れて、買い換えるのも痛い出費です。

生活に関わる家電の故障、または携帯電話の故障など、買い換えるのを避けられない種類の家電が壊れると痛い出費です。

それに、出費のなかでは比較的高額な類なので、家電の故障は恐いです。

冠婚葬祭

冠婚葬祭は急な出費の定番です。

出席するだけで出費が発生する冠婚葬祭。

20代の若者なら、たとえ葬儀の香典5000円でも痛いです。

しかもこれが立て続けになると、さらに出費が重なります。

冠婚葬祭は、他の出費よりさらにタイミングが読めないもの。

しかも関係性で出費が膨らむ可能性があるという怖さもあります。

公共料金・税金の支払い

出費がかさんだ月は、月々の公共料金や税金の支払いすら苦しい月があるもの。

とはいえ、公共料金を払えないとライフラインはストップしますし、税金を滞納するわけにもいきません。

ある意味、他の出費よりあなたの生活を苦しめる要因となるかも…。

5万円以下の急な出費対策

5万円以下の急な出費は比較的よく起こります。

少額だからこそ、その一つ一つにしっかり対応していかないと、細かい出費が大きくなってあなたの財政状況を苦しめます。

少額の急な出費への対応策、しっかり把握しておきましょう。

友人からの借金

簡単な対応策が、「友人からの借金」です。

気心知れた友人ならば、あなたの「お金がない」という悩みを無下にはしないはず。

しかし問題はその友人からの借金を返せない時です。

友人から借りたお金を返せないということは、友人の信頼を裏切ったに等しいです。

急な出費の対応策として「お金を借りる」ことを選ぶなら、なるべく「人に迷惑がかからない借入先」を選ぶのをおすすめします。

クレジットカードを使って資金調達

クレジットカードを持っているなら、いくつか急な出費の対策が思いつきます。

まず、クレジットカードのキャッシング機能、キャッシング機能を使うことで「カードローン」と変わらない使い勝手でお金を借りることができます。

急な出費で買い物できないその悩みも、スーパーやお店の支払い時にカード支払いを行うことで、問題なく買い物を楽しむことができます。

食品だって、服だって家電だって、クレジットカードで購入できるのです。

持ち物を売る

家にある不要なものを売れば、急な出費ですぐお金が必要な場面でも問題なく対応可能です。

もう着ない服、もう聞かないCD、もうやらないゲーム、売るべきものは気づかないだけで実はたくさんあるのです。

急な出費で悩んでいる時、売れるものがないか、少し考えてみてください。

最近はブックオフなど定番の売却先以外にも、フリマアプリなど持ち物を売る手立ては多くなっています。

6万円~50万円の急な出費対策

急な出費が5万円以上の額になったら、また別の対応策を考えなくてはいけません。

急な出費の金額が大きくなればなるほど、その出費を補填するための行動は難易度が上がっていくのです。

「急な出費の対応」ということは、少しでも早くお金を調達しなくてはなりません。

それなりの額、時間をかけずに調達するとなると難しいです。

日雇いバイト

上手に日雇いバイトで働くことによって、安全に急な出費へ対応することができます。

しかし日雇いバイトの求人で働くのは意外と難しいもの。

普段から日雇いバイト求人をマークしておく、日雇いバイトの求人を扱う知り合いを作っておくなどしておきましょう。

いますぐお金が必要なあなたに教えてあげたい!稼げるバイト

未来への貯金を切り崩す

出費が10万円、それ以上になってくると、「貯金を切り崩す」という選択肢が現実的になってきます。

未来の結婚資金、一人暮らし資金、自分の活動のための資金、それぞれためているお金を切り崩すことを検討してください。

とはいえ、そもそも貯金が一定額ないとできないことではありますが…。

キャッシングを複数利用する

ある程度のお金を調達するためには、キャッシングを利用するのがやはり現実的です。

消費者金融、銀行の個人融資ローンを利用するのは、他人に迷惑がかからないなどの点で考えてもおすすめです。

それに、消費者金融のカードローンで最初借り入れることができるのは、せいぜい数十万円程度。いくつかキャッシングを利用しないと、急な出費に対応するほどお金を借り入れることができないかもしれません。

闇金・ソフトヤミ金で借り入れ(リスキー)

急な出費で発生したお金を補填するために、闇金からお金を借り入れるという人もいますが、あまりおすすめできません。

言うまでもなく、闇金は法律を無視した貸付を行う悪徳業者。

通常の消費者金融と同じ気分でお金を借りてしまうと、その暴利や悪質な取り立てで苦しんでしまうでしょう。

対応が若干優しい「ソフトヤミ金」というものもありますが、ソフトヤミ金だって違法は違法。

借り入れるメリットは何一つありません。

ソフトヤミ金から即日融資ってやっぱり危険?どこが即日融資に対応しているのか?

個人融資

個人間融資とも呼ばれる、業者を挟まないキャッシングが「個人融資」です。

個人融資自体は法に触れないものの、個人融資界隈には闇金が多く絡んでいるのに注意が必要です。

知らない間に「闇金からお金を借りていた」なんてことになりかねないのが、「個人融資」の恐いところです。

個人融資の掲示板はやめて「さわやか」を利用しませんか?

50万円以上の急な出費対策

急な出費の額が50万円以上ともなると、現実的に対応策はかなり限られてきます。

50万円を超えると、もはやその出費は大金です。

その「大金の損失」をどうすれば埋められるのか、少し調べておきましょう。

もはや気軽なキャッシングでは追いつかない金額…

50万円を超えると、消費者金融や銀行カードローンで気軽な借り入れでは、もはや追いつきません。

少額融資のローンではなく、もっと他の不動産担保ローンなど大口のローンでお金を借り入れて、その急な出費に対応してください。

急な出費はキャッシングでやりくり

「急な出費の対応策」

を考えた時、やはりいちばん簡単で効果的なのが、消費者金融や銀行のキャッシングでお金を借り入れることでしょうか。

カードローンごとに、少額から高額の借り入れに対応できる柔軟な対応、幅広い人が利用できる審査基準など、魅力的なポイントが数多くあります。

急な出費の額ごとにおすすめのキャッシングをご紹介していきます。

5万円以下の急な出費で役立つキャッシング

レイクALSA

レイクALSA

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 即時仮審査
融資 最短即日
レイクALSAには2つの無利息サービスがある

銀行カードローンにしては金利が高いのですが、レイクには初回限定で「無利息サービス」を利用することができるため、キャッシングの中でも人気が高いです。

1つは「初回限定で30日間無利息サービス」、もう1つは「初回限定で180日間無利息サービス」があり、申込者の希望でどちらかを希望することができます。

後者の180日間無利息サービスに関しては、適用される借入限度額が上限5万円以内と決まっています。

5万円以上の借り入れには通常の金利が適用されてしまいますが、5万円の範囲内なら利息0円でおよそ半年間も、好きなだけ借り入れと返済をすることができるのはレイクALSAだけのメリットです。

レイクALSAは即日融資に対応!即日融資対応時間は?借入方法は?

6万以上~50万円未満の急な出費なら大手消費者金融でやりくり!

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

急な出費がレイクの180日間無利息におさまらない6万円以上になった場合は、上記の大手消費者金融に借り入れの申し込みをするのがおすすめです。

なぜなら、上記の大手消費者金融3社も「30日間の無利息サービス」を提供しているからです。

そのため約1ヶ月の範囲であれば利息0円でキャッシングを利用することができるわけですが、ではなぜ「6万円以上50万円未満」の急な出費なのか。

消費者金融は50万円以上の借り入れから収入証明が必要になる

キャッシングの審査では、必要な書類に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つがあります。

  • 本人証明書類(いずれか1点):運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カードなど
  • 収入証明書類(いずれか1点):源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書、賞与明細書など

本人確認書類は必ず提出しなければならないのですが、収入証明書類は銀行や消費者金融によって提出が必要になる金額が異なります。

消費者金融の場合、ほとんどは「借入希望額が50万円をこえるの場合」と「他社とあわせて借入希望額が100万円をこえる場合」のどちらかに当てはまるときに必要になります。

最新の収入証明書類を持っていれば問題ありませんが、持っていない場合は役所に行って発行したりしなければならない手間があるので、50万円未満は大手消費者金融が向いているというわけです。

ちなみに銀行カードローンなら、100万円以上の借り入れから収入証明が必要になることが多いです。

消費者金融の初回利用では借入限度額が30万円程度になることが多い

これは審査によっても変動があるのですが、消費者金融に初めて申し込んだときの借入限度額は30万円程度になることが多いです。

現在主流のキャッシングローンは原則として無担保・無保証人のローンで、信用貸しとなっています。

これまでにキャッシングの利用実績がない申込者は信用できるかどうかがまだ不確定のため、業者側からしてもまとまった資金を融資するのはリスクが高い行為になります。

そのため審査に通る借入限度額は30万円程度が目安となっているわけです。

大手消費者金融なら土日祝日も「自動契約機」で借り入れOK!

平日はさまざまな金融機関も空いているのでまだなんとかできるかもしれませんが、平日夕方以降や土日祝日はだいたいの金融機関は窓口が終わってしまうことが多いですよね?

もし急な出費がそのタイミングに起きてしまったらどうすることもできません。

そんな時に活用してほしいのが、大手消費者金融の「自動契約機」です。

自動契約機は、人が集まる駅の周辺にある貸金業者の「無人店舗」内に設置されており、ATMも併設されているところがほとんどです。

平日はもちろんのこと、無人店舗なので土日祝日も稼働しており、基本的に9時~21時あたりまでは利用することができます。

最短1時間程度あればその場でカードローンを発行することができるので、お困りになったら来店するという選択肢もあります。

大手消費者金融4社の特徴

プロミス

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査・最短1時間融資

SMBCグループの大手消費者金融「プロミス」(現:SMBCコンシューマーファイナンス)は、CMや広告でご存知の方も多いのではないでしょうか。

プロミスの無人店舗「自動契約コーナー」は、東京だけでなく全国に約1,000台あるので見つけやすい方ですが、実は三井住友銀行の「ローン契約機」からも申し込みが可能です。

合わせると、プロミスの申し込みができる自動契約機は全国に約1,700台もあります。

ただもちろんインターネットからの申し込みも対応が早いので、こちらもおすすめです。

プロミスから即日借りるには何時までに申し込みが必要なのか?

アコム

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査

三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融「アコム」は、歴史が長く最大手と言えるのではないでしょうか。

アコムの自動契約機も約1,200台あり、どの時間帯も急な出費に対応しやすいのですが、さらに注目すべきはアコムの新規貸付率です。

2017年2月現在で新規貸付率が「46.6%」(キャッシング第1位)もあるので、他社よりも審査に通りやすいというメリットがあります。

アイフル

アイフル

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査/お急ぎの方は電話を掛ければ優先審査!

アイフルは現在も独立した消費者金融ではありますが、大手消費者金融として他社に劣らないキャッシングを利用できます。

特に、審査申込後に専用ダイヤルへ電話を掛けることで、優先して審査を開始してくれるのは嬉しいポイントです。

アイフルの自動契約機は無人契約でんわBOX「てまいらず」といい、専門のオペレーターと通話しながら申し込むことができるので、初めての方も安心です。

アイフルで即日融資を受けられるのは何時まで?借り入れの流れを解説!

SMBCモビット

SMBCモビット

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査/お急ぎの方は電話を掛ければ優先審査!

三井住友銀行グループの大手消費者金融「SMBCモビット」は、顧客満足度の高い消費者金融です。

2016年に「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン」で、プロミスやアコムを退けて第1位となっており、非常に人気の高いキャッシングであることがわかります。

特に「借り入れのしやすさ」や「申し込み手続き」で高い評価を得ており、急な出費への対応もしっかりしていることがわかります。

SMBCモビットで即日融資を受ける2つの方法!土日も即日対応可能

50万円以上の急な出費は銀行カードローンでやりくり!

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン

先ほど紹介したレイクと、バンクイック、三井住友銀行カードローンは最短で即日審査・即日融資が可能な銀行カードローンなので、50万円以上の急な出費に向いています。

メガバンクの名前を見ると「審査が難しそうだなあ、私は借りれなさそう」と思うかもしれませんが、毎月一定の安定した収入を得ているのならパートやアルバイトの方も利用することができます。

銀行カードローンなら収入証明は少なくとも100万円以上

以下の通り、銀行カードローンは収入証明が必要な金額が高めなので、審査に必要な書類は本人確認書類だけで済むことがほとんどです。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」:借入限度額200万円以下不要
  • 新生銀行カードローン レイク:借入限度額100万円以下不要
  • 三井住友銀行カードローン:借入限度額300万円以下不要

初回の申し込みから100万円単位の借入限度額を契約するのは現実的ではありませんが、50万円以上のまとまった金額であれば審査に通ることも可能です。

特に、バンクイックと三井住友銀行カードローンはどちらも低金利なので、利息が気になる方にとってもおすすめのカードローンとなっています。

銀行カードローン3社の特徴

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
審査スピード

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているローン専用カードです。

最大のメリットは、メガバンクのカードローンでありながら審査スピードが非常に早いことです。

ただしテレビ窓口を利用する場合は、本人確認書類に「運転免許証」が必要となります。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード

名前の通り三井住友銀行が取り扱っているカードローンで、「バンクイック」と同様、低金利な銀行カードローンです。

同じようにローン専用カードを発行することもできますが、三井住友銀行の口座をお持ちであればキャッシュカードを利用することができます。

キャッシュカードにキャッシング機能を追加することができるので、審査完了後にすぐ借り入れすることができて急な出費にも対応しやすいです。

みずほ銀行カードローン

金利 年2.0~14.0%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード

みずほ銀行カードローンも、他の都市銀行カードローンと同じく借りやすい設定が組まれています。

すでにみずほ銀行の口座を持っており、みずほ銀行のキャッシュカードが手元にあるならば、なおさらスムーズに、時間をかけずにお金を借り入れることができます。

みずほ銀行の住宅ローンでお金を借りている人は、適応金利からさらに0.5%引き下げが行われるのもメリットです。

急な出費にはあらかじめ対策を


急な出費で本格的に悩む前に、あなたは前もって急な出費に対策しておくべきです。

具体的にどんな対策をしておくべきか?

急な出費対策をいくつかご紹介します。

節約する

今後急な出費に対応できるほどのお金を普段から残しておくには、「生活の中で使っているお金を減らす」のが有効です。

実は普段の生活を見直してみると、まったく必要ない無駄なお金をたくさん払っているものです。

無駄を減らして、普段から使えるお金を蓄えておき、読めない急な出費に対応しましょう!

スマホ代

多くの人が、スマホ代に無駄にお金を使っています。

俗に言う3大キャリアの携帯を使っている人は、キャリアを格安スマホに変えることで、出費を大きく減らすことができます。

実際私も格安スマホを使っていますが、電波も悪くないしまったく不都合がありません。

面倒くさいからという「現状維持バイアス」に惑わされないようにしてください。

食費

人間、何も食べないと死んでしまうものの、食べ物を無駄に食べないだけでは死にません。

外食を減らす、お昼ご飯をお弁当に切り替えるなど、細かい努力で普段の食費は簡単に減らすことができるはずです。

私のイメージでは、お金に困っている人ほど、食に無頓着です。

冷静に対処する

急な出費に見舞われたとしても、冷静さを保っておくことが大切です。

人間焦ってしまうと判断力が落ちます。

「今どうするべきか」
「次どう動くべきか」

を正しく考えるには、急な出費で困った時でも冷静さを保ってください。

「急な出費用貯金」を作っておく

貯金しておくことと繋がりますが、前もって「急な出費が出た時用の貯金」を作っておくのは有効です。

今後起こりうるあらゆるケースの急な出費。

この急な出費が起きた時用の貯金をしておけば、たとえどんなケースの急な出費に見舞われたとしても、問題なく対応することができます。

急な出費の対応策を知っておく

上で紹介してような「急な出費の対応策」を少しでも多く知っておくのも良いでしょう。

人間、問題に直面した時、どれだけ多くの解決策を知っているかでその後の人生は変わります。

「知っている」ということは、人生において大きな財産なのです。

転職する

急な出費に対応できないのは、単純に普段もらっている収入が少ないからかもしれません。

今もらっている収入以上の収入がもらえる職場へと「転職」、という選択で問題は解決するかもしれません。

転職サイト、転職エージェントを利用して効率的な転職活動を行ってください。

スピリチュアルに頼ってみる

「何を馬鹿な…」と思われるかもしれませんが、その人の体質、金運が急な出費問題に大きく関わってきます。

「あの人には自然とお金が集まってくる」
「遊んでばっかりなのにお金に困ってるところを見たことがない」

と思うことはありませんか?

それはその人の持つ「金運体質」が大きく関係しているのです。

いつもお金に困っており、今回も急な出費で苦しんでいるあなた。

節約や貯金など、小手先のテクニックではなく、根本的に「体質」から変えてしまったほうが、急な出費に対するアプローチとしては正解かもしれません。

「お金の器」を広げる

お金にある程度余裕があると思っていたのに、急な出費一発でその余裕がなくなってしまった。

それは、その人個人が持つ「お金の器」を超えてしまったからです。

個人が持つお金の器を超えてしまうと、とたんにお金を浪費しはじめたり、急な出費に苦しめられたりするのです。

個人が持つお金の器を広げるには、普段からお金の事を考え続けるしかありません。

  • 家計簿をつける
  • 500円貯金をはじめる
  • お金のニュースに敏感になる

など、お金に対して敏感になることが大切です。

あなたが現在「小さいお金の器」で悩んでいるのは、今までお金のことに無頓着だったからです。

もっとお金のことに敏感になって、お金のほうから舞い込んでくる体質になりましょう。

「デンタルケア」で急な出費を遠ざける

急な出費で苦しむあなたには、「デンタルケア」もおすすめです。

風水では、歯が実りや財産の象徴とされており、金運と大きく関係しています。

歯の状態が悪いと、それだけでお金を遠ざけてしまいます。

虫歯、溜まった歯垢…そういった悪い歯の状態に心当たりがある方は、デンタルケアで金運アップを目指しましょう。

急な出費まとめ

いかがでしょうか。

あなたを苦しめる、読めない急な出費に対応する方法、理解していただけたでしょうか。

急な出費は、冠婚葬祭や病気、怪我など色んなパターンであなたを苦しめます。

急な出費への対応策は、カードローンなどのキャッシングを使うのが簡単ですが、キャッシングを利用する前に自分なりに急な出費への対策を行っておくことが大切です。