低金利で利用しやすいおまとめローンは?キャッシングを一本化で返済ラクラク

おまとめローン

複数のおまとめローンを一本にまとめて、適応金利の引き下げ、利息の減額を狙えるおまとめローン。

そんな返済を助けるおまとめローンの効果を大きくするには、低金利のおまとめローンを利用してキャッシングの一本化を行うべきです。

低金利のおまとめローンと言えば、単純に「銀行の多目的ローン」が思いつきますが、銀行ローンの審査は多重債務者に厳しいのでおまとめローンとしての利用が難しい…。

そもそも、低金利のローンほど審査が厳しいため、「とりあえず金利の低いローンに申し込み」という態度では意味がありません。

審査に申し込んだ記録も、審査に落ちた記録もすべて信用情報に残ります。金利が低い以外の情報もしっかり確認の上、おまとめローン利用を申し込んでください。

  1. 低金利のおまとめローンならやっぱり銀行ローン?
    1. 銀行カードローンの審査は厳しい
    2. 地方銀行カードローンがおすすめ
    3. ネットバンクのカードローンもおすすめ
  2. そもそもおまとめローン利用の目的に立ち返ってみる
    1. キャッシング一本化で返済額減額
    2. キャッシング一本化で返済管理を容易に
    3. キャッシング一本化で返済のストレス軽減
    4. リボ払いの支払いもおまとめローンで一本化可能
  3. 低金利の銀行おまとめローン、メリット・デメリット
    1. メリット
    2. デメリット
  4. 低金利のおまとめローン審査は厳しいのか?
    1. 多重債務者への審査は厳しい
    2. 総量規制内いっぱいの借り入れでもおまとめローンなら融資を受けられるかも
  5. 低金利さで選ぶならこのおまとめローン
    1. 住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース
    2. りそな銀行プレミアムフリーローン
    3. 池田泉州銀行 多目的ローン
    4. イオン銀行フリーローン
    5. じぶん銀行カードローン au限定割借り換えコース
    6. 関西アーバン銀行 アーバンフリーローン
    7. スルガ銀行 リザーブドプランプラス
    8. オリックス銀行カードローン
  6. 低金利のおまとめローン利用前の注意
    1. 返済計画をしっかり立てる
    2. 少額のキャッシングは完済して借入件数を減らしておく
      1. 無駄なクレジットカードも解約
    3. 金利は「上限」と「下限」の違いに注目
    4. 目当ての低金利おまとめローンは「無担保」か「有担保」か?
  7. 低金利のおまとめローン審査に落ちたら「消費者金融のおまとめローン」
    1. アイフルのおまとめローン
    2. アコムのおまとめローン
    3. ユーファイナンス ビッグローン
  8. 最後の手段は「債務整理」
  9. まとめ

低金利のおまとめローンならやっぱり銀行ローン?

「低金利のおまとめローン」でキャッシングの一本化を行うとして、やはり最初に思いつくのは「銀行のおまとめローン」でしょうか。

しかし銀行のおまとめローンといっても、紹介されているのは、「借り入れ意図自由の銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する」というもの。

つまり、結局銀行カードローンでお金を借りて、そのお金を他社借入の返済にあてるというもの。

銀行も「おまとめローン専用商品」を展開しているところがありますが、そんな銀行はかなり希少です。

銀行の「おまとめローン専用商品」といえば、例えば東京スター銀行のおまとめローンがそれにあたりますね。→東京スター銀行のおまとめローン審査は厳しい?金利などスペックは優秀なのか?

銀行カードローンの審査は厳しい

そもそも、銀行カードローンをおまとめローンとして利用するなら、その審査の厳しさに注意しなくてはなりません。

最近、以前にも増して厳しくなった銀行カードローンの審査。多重債務者ならなおさら、銀行カードローンの審査をクリアするのが難しいと覚悟しておいてください。

低金利のおまとめローンを利用する時は、「自分の身の丈にあったおまとめローンか」というのも注意が必要です。

特に都市銀行カードローンは、銀行カードローンのなかでも審査が厳格です。

単純に基準が厳しいというよりは、審査の甘い銀行カードローンに比べて、容認される条件が少ないという感じでしょうか。他社借入、過去の返済遅延など、信用情報についた多少の傷で審査に落ちてしまいがちです。

地方銀行カードローンがおすすめ

そんな審査の厳しい銀行カードローンのなかでも、地方銀行カードローンの審査なら、多少審査基準が柔軟なことが期待できます。

地方銀行は、街金と似ており、「地域に根づいた営業」を心がけているため、対象地域内に住んでいる人の審査が柔軟なのです。

自分の住んでいる地域の地方銀行カードローン、一度利用を検討してみてはいかがでしょう。

利用可能地域が制限されているからこそ、優秀な設定が揃った銀行カードローンが多いです。

ネットバンクのカードローンもおすすめ

地方銀行と同じく、実店舗をもたない「ネットバンク」の銀行カードローンもおすすめです。

ネットバンクらしい利便性を追求したカードローンが多く、利用者の多くを満足させる設定が揃っています。

例えば、楽天銀行カードローンなんて、楽天会員ランクによって審査が優遇されたりします。この設定は、他銀行カードローンではあまり目にしないですよね。

そもそもおまとめローン利用の目的に立ち返ってみる

ここで少し立ち止まって、そもそもどうしておまとめローンを利用するのか。

低金利のおまとめローン利用に至った原因に立ち返ってみましょう。

キャッシング一本化で返済額減額

おまとめローンを利用する誰もが、「返済を楽にしたい」と考えています。

おまとめローンでキャッシングを一本にまとめることで、適応金利が下がり、支払う利息が減ります。

つまり、総返済額が変わってくるのです。

キャッシング一本化で返済管理を容易に

他社借入件数が多いということは、それだけ返済先も多く管理が大変だということ。

おまとめローンでキャッシングを一本にまとめさえすれば、返済先は「一件」となるので、管理がとても簡単になります。

キャッシング一本化で返済のストレス軽減

意外と見過ごされがちなのが、おまとめローンによる心的ストレスの軽減です。

キャッシングの返済に追われる生活というのは、何もなくともそれだけでストレスです。

多数のキャッシング、その返済に追われる生活から、返済しなくて良くなる生活になるのは、それだけでストレスフリーです。

リボ払いの支払いもおまとめローンで一本化可能

ちなみに、おまとめローンを使うことで、リボ払いの支払額を一本にまとめることができます。

リボ払いというのほ、時に「地獄」と言い表されるほどの苦行を強いられます。

クレジットカード利用回数が多くなればなるほど、クレジットカード利用額が大きくなればなるほど、リボ払いの支払額は膨らんでいくばかりです。地獄から抜け出すのが、どんどん難しくなるのです。

リボ払いは分割払いより損!リボ払いでどれくらい損なのか?

低金利の銀行おまとめローン、メリット・デメリット

低金利のおまとめローンにはメリットばかり!

そんなふうに考えているかたも多いはず。もちろんメリットは多いです。「低金利」というだけで、かなり大きなメリットですしね。

しかしメリットがある裏にはいつもデメリットも潜んでいます。メリット、デメリット両面からおまとめローンを調べておきましょう。

メリット

低金利のおまとめローンは言うまでもなく金利が低いこと。

そして低金利のおまとめローンを運営しているところは、大きい営業本であることが多いですから「安心感」があるのもメリットです。

せっかくおまとめローンで、別のキャッシングへ借り換えるのなら、しっかり安心できる借入先からお金を借りたいですよね。

デメリット

低金利のおまとめローン、そのデメリットといえば、低金利さゆえの「審査の厳しさ」などとっつきにくさでしょうか。

金利が高く、誰でも借りやすいキャッシングというのは、誰でも借りられるがゆえ「多く利息をとるために金利が高い」のです。

利息を多くもらっておくことで、キャッシング利用者が返済不能になるリスクに備えているのです。

低金利のおまとめローン審査は厳しいのか?

低金利のおまとめローン、どれくらい審査が厳しいのでしょうか。

また、具体的にどんなところに厳しい審査基準が課せられているのか。少し調べてみましょう。

おまとめローンの審査について、詳しく書いている記事はこちら→審査に通りやすいおまとめローンはあるのか?おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣も紹介!

多重債務者への審査は厳しい

おまとめローンは多重債務者向けのキャッシングですが、低金利で借りやすいおまとめローンの審査は、多重債務者でも条件に見合わないと審査に落ちます。

キャッシングの審査で調べるのは、利用者の「返済能力」。おまとめローンの審査で調べられるのは、「多重債務」を抱えていたとしても十分に返済能力があるかというものです。

総量規制内いっぱいの借り入れでもおまとめローンなら融資を受けられるかも

総量規制をご存知でしょうか。

貸金業法改定で生まれた、「年収の3分の1以上借り入れができない」という法律。この制限がある限り、高額のおまとめローン利用ができなくなってしまいます。

しかしおまとめローンは、利用者に一方的な借り入れとなることがあり、「総量規制の対象外」です。

つまり、低金利のおまとめローン審査は厳しいとはいえ、総量規制で審査に落とされるようなことはない…ということですね。

低金利さで選ぶならこのおまとめローン

さて、いよいよ、具体的にどのおまとめローンが低金利で借りやすいのか。それを紹介していきたいと思います。

利用者の口コミで人気のカードローンを知りたい方はこちら→口コミで人気のおまとめローンランキングTOP10

住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース

プレミアムコース

金利 0.99~7.99%
限度額 1,200万円

住信SBIネット銀行カードローンは、低金利が自慢の銀行カードローン。

申込み方法は「ネットから」のみという制限がかかり、プレミアムコースの審査はかなり厳しくなってきますが、それでもチャレンジする価値のあるほどの低金利です。

限度額も最大1200万円と、ありとあらゆるキャッシングの一本化に対応できる懐の広さも魅力ですね。

りそな銀行プレミアムフリーローン

りそな銀行プレミアムフリーローン

金利 5.5~6.0%
限度額 500万円

りそなプレミアムフリーローンもおまとめローンとしての利用に対応しています。

下限金利が5.5%となっていますが、基本的に6.0%の固定金利です。りそな銀行の住宅ローン利用、かつWEBコミュニケーションサービスを利用している人のみ0.5%の金利優遇を受けることができます。

来店不要で500万円まで利用できる低金利のおまとめローン、優秀ですよね。

池田泉州銀行 多目的ローン

金利 2.875%~4.375%
限度額 1,200万円

あたゆる目的に利用できるのが、池田泉州銀行 多目的ローンです。

ネットから申込み後、最短3営業日で借入可能なスピード対応も魅力のキャッシングです。

池田泉州銀行の営業区域内にお住まいの方なら、さらに金利優遇を受けるチャンスがあります。そして、大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県にお住まいの方が貸付対象となっています。

イオン銀行フリーローン

金利 3.8~13.5%
限度額 700万円

かの、大手ショッピングモールで有名なイオンが運営するイオン銀行、そのイオン銀行が運営するのがイオン銀行フリーローン・多目的ローンです。

他のローンと同じく、あらゆる借り入れ目的に対応しており、他社キャッシングからの借り換えまたは他社キャッシングの一本化も可能です。

イオン銀行はネット銀行ですから、来店不要でおまとめローン利用が可能。借り入れの手続きも簡単です。

じぶん銀行カードローン au限定割借り換えコース

じぶん銀行カードローン

金利 1.7~12.5%
限度額 800万円

じぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で生まれたネット銀行。

そもそも「借り換えコース」のため、他社キャッシングを抱えている方のためのローンです。

そしてauユーザーの金利優遇を利用することで、かなり低金利のおまとめローンで借り入れが可能になるのです。

auユーザーの金利優遇でお得なのは言うまでもありませんし、資本が大きな銀行のおまとめローンを利用している安心感で、キャッシングの一本化が可能になるのがメリットです。

関西アーバン銀行 アーバンフリーローン

金利 2.9~13.5%
限度額 5,000万円

地方銀行の関西アーバン銀行のフリーローンです。

金利が低いですが、それもそのはず「不動産担保型」のローンなのです。

そもそも不動産投資を考えている方が利用するのに向いているローンなので、不動産投資をしている方が他キャッシングを一本化するのに向いています。

スルガ銀行 リザーブドプランプラス

金利 3.6~14.9%
限度額 800万円

郵便局と業務提携している「スルガ銀行」のローンです。

がん特約付き生命保険の加入による保証をつけられること、カードローンとの同時申し込みを行うなど、少しクセの強いローンです。

しかし金利面、ローン返済が滞った際に保険金でカバーできるポイントなど、メリットも多いです。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン金利引き下げ-250-250-20170222

金利 1.7~17.8%
限度額 800万円

オリックス銀行カードローンは、おまとめローンに特化したキャッシングではなく、通常の銀行カードローンです。

しかし借り入れ目的が自由なので、他のキャッシングを一本員まとめる「おまとめローン」としての利用にも対応しています。

限度額は800万と比較的高く、下限金利も1.7%と低いです。また、ネット銀行ゆえネット上で借り入れの手続きが簡潔する使い勝手も見逃せません。

また、オリックス銀行カードローンで審査に用いる「保証会社」は2つあるため、審査通過のチャンスが2回あるのもメリットですね。

こうならべるとメリットが多い銀行カードローンに思えます。

低金利のおまとめローン利用前の注意

低金利のおまとめローンは、何も考えずに利用してはいけません。

低金利のおまとめローンを利用するがための「注意点」にも、しっかり気を配っておきましょう。

注意点を具体的に紹介します。

返済計画をしっかり立てる

おまとめローンは、キャッシングを返済するための借り入れです。

できればおまとめローンの利用前に、しっかりとキャッシングの返済計画を立てておくこと。

これが、上手なおまとめローン利用のコツです。

おまとめローンの公式サイトには、おまとめローンの返済シミュレーションがあります。あらかじめ返済シミュレーションを組んだ上で、おまとめローンでの一本化を行ってください。→イオン銀行返済額シミュレーション

少額のキャッシングは完済して借入件数を減らしておく

おまとめローン審査に通りやすい状況を作り出すために、できるだけ借入件数、借入金額を減らしておく必要があります。特に「借入件数」を減らしましょう。

消費者金融やクレジットカードで少額借り入れているものがあれば、多少無理してでも返済しましょう。

おまとめローン審査は、何も考えず申し込んで通るほど甘くはありません。

無駄なクレジットカードも解約

ついでに、クレジットカードのキャッシングも返済して、使ってないクレジットカードも解約してしまいましょう。

できるだけ「キャッシング利用状況」「クレジットカード利用状況」をクリーンにすること。

それがおまとめローン審査をクリアしやすくなる条件です。

金利は「上限」と「下限」の違いに注目

おまとめローンはやはり金利が重要。

パッと見低金利で喜んでいても、実際に借りてみたら多くの利息を支払うことになっている…なんて人は多いです。

金利は、「下限」と「上限」を分けて考えます。

限度額いっぱい、高額借り入れを行わないと、下限金利に近い金利でお金を借り入れることができません。

そして少額借り入れの場合は、上限金利に近い数字で借り入れることになります。

自分がおまとめローン利用のために、どれくらいのお金を借り入れる必要があるのか。それに応じて利用するおまとめローンを考えてみる必要があります。

目当ての低金利おまとめローンは「無担保」か「有担保」か?

「お!このおまとめローンは低金利で借りやすそう!」

と喜び勇んでいる方も多いでしょうが、そのおまとめローンは「無担保型」でしょうか?

いくら金利が低くとも、有担保型では、そのおまとめローンを利用することができない人も多いでしょう。

おまとめローンの利用条件、事前にしっかり確認しておきたいですね。

低金利のおまとめローン審査に落ちたら「消費者金融のおまとめローン」

低金利のおまとめローンはとても利便性が高いです。

しかしその分とても審査が厳しい。審査をクリアして、無事お金を借りられる人は限られてしまいます。

そんな、低金利のおまとめローンを利用できない「迷える仔羊」を助けるのが、「消費者金融のおまとめローン」です。

消費者金融のおまとめローンは、銀行のおまとめローンと比べるとたしかに金利は高いですが、とにかく審査が甘いです。

低金利のおまとめローン審査に通らず困っているあなたも、消費者金融のおまとめローン審査ならクリアできるはずです。

アイフルのおまとめローン

アイフルには、アイフルのキャッシング利用経験がない方が利用できる「かりかえMAX」と、アイフルのキャッシングを利用した経験のある方向けの「おまとめMAX」があります。

それぞれ金利は高めですが、おまとめローンにして最短即日融資に対応しているという大きなメリットもあります。

まずはアイフルのおまとめローンで一本化をはじめてみませんか?

アイフルのおまとめローンってどうなの?審査基準、サービス内容を徹底解説

アコムのおまとめローン

大手消費者金融のアコムも、おまとめローン専用商品を提供しています。

金利設定は、アコムの通常カードローン金利より少し高いほどですが、利便性は高いです。

なんと、アコムがおまとめローン利用者の他社返済を請け負ってくれるのです。また、消費者金融のおまとめローンは、「他社の利益を奪う」目的で、審査基準を緩めているという意見もあるほどです。

アコムのおまとめローンの申込み方法!審査基準も厳しいのか?

ユーファイナンス ビッグローン

ユーファイナンスは、おまとめローンをメインで取り扱う珍しい中小消費者金融。

他社借入が多くとも、多少のブラックな信用情報でも、多めにみて審査に通すと言われています。

他のおまとめローンよりかなり審査基準が柔軟なことを期待できるので、審査に落ちまくっているあなたも「最後の砦」として利用してみてください。

ユーファイナンス

最後の手段は「債務整理」

おまとめローンを利用する目的は、言うまでもなく「返済が困難だから」ですよね。

おまとめローンを使ったキャッシングの一本化は確かに気軽ですが、金利下げて返済の負担を軽くするため、効果の大きさは期待できません。

任意整理や個人再生など、債務整理を行うことで、おまとめローン以上の返済額軽減を狙えます。

自己破産まで踏み込めば、今後の返済は免責になるので返済する必要すらなくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

低金利のおまとめローンについて、詳しくご紹介しました。

低金利のおまとめローンは、審査が厳しく借りにくいというデメリットこそあるものの、「返済額を減らす」という目的で利用するのにはやはり向いています。