プロミスから今日借りる!プロミスから即日お金を借りるためにはどうすればいい?


プロミスのカードローンは、即日お金を借り入れるのにうってつけなサービスが揃っています。

うまく手続きが進めば、最短30分で終わる審査。多岐に渡る申込方法。

そしてなんといっても、WEBから24時間いつでも振込対応している「瞬フリ」(あとで説明します)が便利ですし、自動契約機の設置数も多いです。
「どうしても今日中にお金が必要!」

そう思っているあなたにぴったりなのが、他でもないプロミスのカードローンなのです。今回は、プロミスのカードローンにおける即日融資に関する情報を一緒にみてきましょう。

プロミス以外のすぐお金を借りれるカードローンを知りたい方は、「今すぐお金を借りれるカードローンとは?借入方法を3ステップで紹介!」を読んでみてください。

  1. プロミスのフリーキャッシングは即日借り入れ対応!
    1. フリーキャッシング基礎情報
    2. 瞬フリを利用した即日振込が可能
    3. 自動契約機を活用して即日借り入れが可能!
      1. 1.プロミスのホームページから申し込み
      2. 2.プロミスの仮審査結果を受け取る
      3. 3.提出書類を準備して無人契約機へ向かう
      4. 3.無人契約機の案内に従って書類をスキャナで読み取り
      5. 4.書類に問題なければカードローン契約完了
      6. 5.無人契約機からカード発行
      7. 6.ATMから即日借り入れ
  2. プロミスから今日借りるための必須項目
    1. 申し込み時間は少しでも早く
    2. 審査に落ちないこと
  3. プロミスから新たな即日借り入れ手段「アプリローン」が誕生
    1. アプリローン申し込み手順
    2. アプリローンの利用手順
    3. アプリローンのメリット1:カードレス・来店不要で手続き可能
    4. アプリローンのメリット2:アプリで返済可能
    5. アプリローンのメリット3:アプリから返済可能30日無利息・お得なクーポンなどサービス満載
  4. プロミスから今日借りるにはいつまでに申し込むべきか?
    1. 2018年版プロミスから即日借り入れるためのベスト選択肢
      1. 1.ネット申し込み「フル入力」
        1. 補足:フル入力の流れ
        2. 瞬フリならカードレス借り入れ可能 来店も不要
        3. 申込後「急いでいる」旨を伝えることで審査を早めてくれる
      2. 在籍確認の相談にも乗ってくれる
      3. 2.審査確認が電話でかかってくる
      4. 3.キャッシング契約手続き
      5. 4.振込依頼を出す←最速借り入れ
        1. ジャパンネット銀行・三井住友銀行なら24時間振込対応
      6. 5.振込対応時間外ならアプリローン
    2. 申し込み自体は24時間365日可能
      1. プロミスの即日審査対応時間は「9:00~21:00」まで
      2. 自動契約機からの審査申し込みは「9:00~22:00」
      3. 深夜の申し込みは翌日審査扱い
    3. 申込方法で即日融資までにかかる時間が変わる
    4. 家から出られないけど借り入れに時間をかけたくない方は「Web申し込み」
    5. やっぱりカード発行→ATMからの即日借り入れが希望なら「無人契約機」
      1. プロミスの無人契約機とは?
        1. 三井住友銀行のローン契約機でも申し込み可能
  5. プロミスからスムーズに今日借りるためのベストな選択肢
    1. プロミスから今日借りるために1:申し込む時間帯は平日の午前中
    2. プロミスから今日借りるために2:申込みはWEB申込み
    3. プロミスから今日借りるために3:プロミス以外に申し込まない
    4. プロミスから今日借りるために4:三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座へ振込依頼を出す
  6. プロミスは土日の即日融資に対応しているか?
    1. 瞬フリ:土日の振込可能
    2. 自動契約機・土日も9:00~21:00まで営業中
  7. 即日融資で借りるためのプロミス審査対策
    1. プロミスの審査基準は厳しい?
    2. プロミスは即日審査に対応している
      1. プロミス審査は24時間申し込み可能だが、即日審査には制限がある
        1. 「夜」申し込む際は時間と融資方法に注意しましょう
    3. プロミスの審査を早める方法
      1. 入力情報は正確に正直に
      2. 他社借入件数を少ないほうが審査はスムーズ
      3. プロミスに伝える「希望借入額」は少しでも少額にする
      4. プロミスの在籍確認は予告なし!しっかり対応を!
    4. 審査に落ちる人の特徴
      1. 収入が安定してない
      2. 信用情報に金融事故が記録されている
      3. あらゆる観点で「返済能力が低い」
      4. 在籍確認が取れない
      5. 提出書類に不備がある
        1. 本人確認書類
        2. 収入証明書
  8. プロミスからの即日融資体験談
    1. (25歳・男性・東京都)
  9. プロミスの即日借り入れまとめ
    1. プロミスは即日融資対応
    2. 自動契約機の活用もWEB上で「瞬フリ」も即日借り入れ可能
    3. 土日の即日融資も可能
    4. プロミスから即日お金を借りても30日無利息※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    5. プロミス以外からの即日借り入れも検討して

プロミスのフリーキャッシングは即日借り入れ対応!

プロミスのカードローン「フリーキャッシング」は、時間のかからない即日融資に対応しています。

フリーキャッシング基礎情報

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスの子会社です。SMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友銀行を中心とする一大金融ファイナンスですから、プロミスは三井住友銀行系のカードローンということになります。

とはいえ、あくまで「銀行の子会社」という括りとなるので、消費者金融のカードローンとなります。つまりプロミスは、「総量規制の対象」です。

瞬フリを利用した即日振込が可能

プロミスの目玉サービスこそ、「瞬フリ」です。瞬フリを利用した借り入れは、即日振込に対応しています。

きっとこの名前の由来は「瞬間的に振込が終わる」というものでしょう。瞬フリでの即日振込での借り入れには条件があります。

  • ジャパンネット銀行、三井住友銀行いずれかの銀行口座を持っていること

プロミスからの振込先の口座を、ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座とすることで、24時間いつでも振込融資を受けることが可能。

ジャパンネット銀行、三井住友銀行以外の口座への振込も即日可能ですが、その場合遅くても14時までに振込依頼まで完結する必要があります。

自動契約機を活用して即日借り入れが可能!

自動契約機を使えば、その場で即日カード発行後、同じブース内のATMからお金を借り入れることができます。

おすすめなのは、プロミスのサイトからWEB申し込みを行い、審査結果を受け取った状態で無人契約機ブースへと向かい、カードを発行するやり方です。

即日カード発行手順を詳しくみていきましょう。

無人契約機の詳しい操作法、その他基本情報は「無人契約機で簡単申し込み!」を読んでみてください。

1.プロミスのホームページから申し込み

まず、プロミスの公式ホームページから、申し込みを行ってください。

この申し込みは、PCでもスマートフォンからでも、どちらでもかまいません。申し込みの際、忘れずに「無人契約機でカード受け取り」を選択してください。

2.プロミスの仮審査結果を受け取る

30分と待たず、プロミスから仮審査結果の連絡が届きます。

入力したメールアドレスに審査結果が来ることもあるそうですが、私の場合は電話で知らされました。

3.提出書類を準備して無人契約機へ向かう

本人確認書類、そしてもし指定されているなら収入証明書も準備して、プロミスの無人契約機へ向かってください。

3.無人契約機の案内に従って書類をスキャナで読み取り

無人契約機を操作して、すでに申込みが完了している場合の手続きを進めてください。

無人契約機にはスキャナがついており、スキャナで書類データの読み込みが可能です。

4.書類に問題なければカードローン契約完了

書類に問題が見つからない場合は、カードローンの契約書が発行されます。その書類にサインして、再びスキャンすれば、カードローン契約は完了です。これで、借り入れまで後一歩です。

5.無人契約機からカード発行

無人契約機から借入カードが発行されます。受け取ってください。

6.ATMから即日借り入れ

同じ無人契約機のブース内にプロミスの自社ATMが設置されているはずですから、発行したカードを使ってお金を借りてください。

これでプロミスから即日お金を借り入れることができました。

プロミスから今日借りるための必須項目

プロミスは他の消費者金融とくらべても即日融資でお金を借りやすいほどですが、適切な手順を踏まないとプロミスから即日融資を受けることができないのです。

具体的に、プロミスから即日お金を借りるためには、どんな条件をクリアしなくてはならないのか。少し調べてみましょう。

申し込み時間は少しでも早く

プロミスから即日お金を借りたいと思っているなら、少しでも早い時間帯に申し込みを終わらせる必要があります。

プロミスは基本的に、申込書を郵送する「郵送申し込み」以外の方法ならどの申込み方法からでも、即日融資を受けることは可能です。

しかし一番有利なのはやはり、プロミスへの申し込みが混み合わない、「平日の午前中」にプロミスへ申し込むことです。

審査に落ちないこと

プロミスへ申し込みを行っても、その後受けたプロミスの審査に落ちてしまっては、即日融資どころではありません。

プロミスの審査基準自体は、他の消費者金融とくらべても飛び抜けて厳しいわけではありませんが、条件の悪い人は簡単に落ちてしまいます。

プロミスの審査対策は、もう少し下のセンテンスで説明しています。

審査対策を調べる

プロミスから新たな即日借り入れ手段「アプリローン」が誕生

アプリローン

2017/10/02 プロミスが新たなサービス「アプリローン」を発表しました。

アプリローンとは、プロミスのアプリをインストールしたスマホから、いつでもどこでも借入可能になる新サービスのことです。アプリをインストールしたスマホから、申し込みから借り入れまで、最短1時間で借り入れが完了する、スピーディなサービスです。→アプリローンのご紹介(プロミス公式サイト)

アプリローン申し込み手順

1.プロミス公式アプリダウンロード
2.アプリから申し込み
3.審査
4.アプリを利用して借り入れ
普通にWEBから申し込むのも簡単ですが、その後利用するサービスの利便性を考えると、私はやはりこのアプリローンはとても便利だと思います。

アプリローンの利用手順

1.ログイン
2.スマホATM取引選択
3.セブン銀行ATMの「スマートフォン出金・入金」を選択
4.アプリの「出金」か「入金」を選択
5.QRコードをスマートフォンで読み取り
6.スマートフォンに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示される
7.セブン銀行に表示された「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」を入力
8.取引金額を入力

普段からスマホアプリの操作に慣れている方なら、とても簡単に手続きが進みます。カードレス、セブン銀行ATMから24時間借り入れ可能。もちろんアプリから自分の口座に振込融資を受けることも可能です。

アプリローンのメリット1:カードレス・来店不要で手続き可能

アプリローンのメリットはやはり、スマホ一台あれば、「カードレス・来店不要」で借り入れが完結することでしょう。

アプリをインストールすれば、余計な郵送物なし、来店してカードの受取もなしで、いつでもどこでもお金の借り入れが可能です。

普段からスマートフォンを活用している若者に向けた、「Fintech」を利用したサービスですね。

アプリローンのメリット2:アプリで返済可能

完全にスマートフォンが、アプリが「カード」の代わりとなるので、アプリを利用して返済も可能です。

スマートフォンに表示されたQRコードをATMで読み込んで、セブン銀行ATMからプロミスへの返済を行ってください。

アプリローンのメリット3:アプリから返済可能30日無利息・お得なクーポンなどサービス満載

アプリから借り入れた方でも当然、プロミスからの初回借り入れには「30日間の無利息サービス」が利用可能となります。

さらに、アプリ利用者限定で、スマホ画面提示だけで利用できるお得な割引クーポン「アプリdeクーポン!」が利用可能です。このクーポンは当然、通常のカードローン借入時は利用できないため、単純にお得ですよね。

プロミスから今日借りるにはいつまでに申し込むべきか?

腕時計を見る男性

さてさっそく、プロミスから即日借り入れるには、具体的にプロミスの審査はいつまでに申し込めばいいのか。そこのところを調べていきましょう。

いつまでに審査申し込みが必要か?という解説はこちら→プロミスの審査受付時間は何時まで?スムーズに借りる方法もご紹介!

2018年版プロミスから即日借り入れるためのベスト選択肢

テクノロジーは年々進歩しており、プロミスから即日借りるためのベスト選択肢も、刻一刻と変化しつつあります。

2018年の現在、プロミスから即日借りるためのベストの選択肢はどんなものでしょうか?

私自身の経験を踏まえて、紹介したいと思います。プロミスはサービスが優れた、即日借りるのにピッタリの消費者金融です。

1.ネット申し込み「フル入力」

まずはプロミスへ申し込みです。

やはり早いのは「WEB申し込み」。そしてフル入力とカンタン入力ですが、私は「フル入力」をおすすめします。

カンタン入力は、確かに入力項目が少なくて、申し込みフォームを埋めるの自体には時間がかかりません。しかし、結局電話で社員とやり取りして情報の補完を行うことになるため、結局そこで時間がかかります。

会話しながら情報の補完を行うのは、文字入力よりかなり時間がかかるもの。ここは最初から、フル入力での申し込みをおすすめします。

補足:フル入力の流れ

申し込みで「フル入力」を選択した場合、下記の内容を記入することになります。すべて入力するのに15~30分程度かかります。

  • お客さま情報
  • 自宅情報
  • 勤務先情報
  • ご契約方法の選択
  • お借入れについて
  • メールアドレス・パスワードの登録
  • 審査結果のご連絡について
  • 書面の受取方法について
  • アンケートにご協力ください

ちなみに「カンタン入力」では、上記のうち「お客さま情報」「自宅情報」「勤務先情報」「ご契約方法の選択」「メールアドレス・パスワードの登録」「書面の受取方法について」の6つに加えて、「お申込みに関する連絡先について」を記入します。

瞬フリならカードレス借り入れ可能 来店も不要

通常のネットキャッシングも即日融資に対応しており、利便性が高いと言えますが、プロミス自慢のサービス「瞬フリ」ならばカードレスでの借り入れが可能。

来店不要でカードレスで借り入れも可能ということは、家族にプロミスのカードローンを利用している事実が知られにくいというメリットもあります。

プロミスからの借り入れを急いでいる方も、家族に内緒でお金を借りたい方も、ぜひプロミスの瞬フリを利用してみてください。

申込後「急いでいる」旨を伝えることで審査を早めてくれる

プロミスから即日借りるためには、プロミスへの申し込みが済んだ段階でプロミスへ電話して、「急いでいる」旨を相談すればいいとのことでした。

事情を説明すれば、審査を優先的に行ってくれるそうです。

在籍確認の相談にも乗ってくれる

審査を早める相談だけでなく、プロミスは「在籍確認」の相談にも乗ってくれるとのことでした。

在籍確認が取れないと、審査は終わりません。しかし、「職場への電話」以外の方法で在籍確認を取ることも可能。すでに無人契約機ブースにいるならば、「無人契約機のスキャナ」で在籍確認に必要な書類を読み取ることができます。

2.審査確認が電話でかかってくる

プロミスへ申し込むと、「本人の意思で申し込んだのか」など、申し込みの確認が行われます。

この確認は申込み後すぐに行われるため、申込情報の審査が同時並行して行われているはずです。

確認が取れ次第、在籍確認もおこなれます。円滑に手続きが進めば、在籍確認が終わるまでに30分ほど。

3.キャッシング契約手続き

在籍確認が取れたら、あとは必要書類の提出を行い、プロミスとキャッシング契約を結びます。

一昔前ならここで「カードの受け取り」というフェーズを挟まなくては、プロミスからお金を借り入れることができませんでした。

しかし今のプロミスはそんな事必要ありません。

4.振込依頼を出す←最速借り入れ

カードローン契約を結んだ段階で、「振込依頼」を出すことができます。

申し込みの段階で「振込を希望するか否か」を答える欄があります。そこで借り入れを希望する旨を答えておいてください。

後で入力する銀行口座へと、初回振込みが行われます。2回め以降の振込融資も、WEBの会員ページから出すことが可能です。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行なら24時間振込対応

プロミスのキャッシング契約を結んだ後振込融資を受ける場合、ほとんどの銀行口座で「14:00まで」という時間制限がかかっています。

この制限が厳しいと感じるなら、「ジャパンネット銀行」か「三井住友銀行」の口座への振込依頼を出してください。ジャパンネット銀行と三井住友銀行の口座への振込なら、プロミスが24時間いつでも対応してくれるはずです。

5.振込対応時間外ならアプリローン

振込は厳しい!カードも手元にない!

ならばアプリローンでの借り入れを行ってください。アプリローンなら時間制限関係なく、スマートフォン一つで借り入れ可能です。

申し込み自体は24時間365日可能

WEB申し込みの場合、申し込みの受付自体は24時間365日行っています。

PC、スマートフォンからプロミスの公式サイトへアクセスして、プロミスの申し込みフォームを埋めて送信すれば、いつでも申し込み可能です。

プロミスの即日審査対応時間は「9:00~21:00」まで

審査自体は極論いつでも申し込み可能ですが、審査結果を即日教えてくれるのは基本的に、「9:00~21:00」の間に申し込んだ人のみです。

審査の申込み状況、審査時期などにより、プロミスの審査対応にかかる時間も変動します。確実にすぐ審査結果が欲しい方は、なるべく早めの審査申し込みを行いましょう。

プロミスへの審査申し込みがこの時間を過ぎた場合、プロミスの審査対応は翌営業日以降となります。

自動契約機からの審査申し込みは「9:00~22:00」

自動契約機の営業時間は、店舗で多少変わるものの基本的に「9:00~22:00」。WEBから申し込む場合よりも若干、時間に余裕があるのがわかります。

とはいえ、「21:59」に申し込んでも大丈夫というわけではありません。プロミスの審査がいくら早いと言っても、審査には最低40分は見ておきたいですから、自動契約機から申し込む現実的なリミットは「21:20」と言ったところでしょうか。

深夜の申し込みは翌日審査扱い

よく、夜中にお金がなくなり、「プロミスからお金を借りたい!」と言っている人がいますが、それは基本的に不可能です。

すでにプロミスの振込キャッシングの契約を結んでいれば、「24時間365日振込キャッシング」で借入可能ですが、「これからプロミスへ申し込もう」というかたは、夜中の借り入れはできません。

申込方法で即日融資までにかかる時間が変わる

プロミスのカードローン申し込み方法は多岐に渡っています。

  • Web申し込み
  • プロミスの自動契約機
  • 三井住友銀行内のローン契約機
  • プロミスコールからの電話申し込み
  • 実店舗申し込み
  • 郵送申し込み

いずれの申込み方法でも、上手にカードを受け取るか、自分の銀行口座にお金を振り込む手続きを行うだけで、「即日融資」で借入可能です。
しかしそれぞれの申込方法により、申し込み対応時間が異なる事だけ、注意しておく必要があります。

申し込み方法 申し込み可能時間
Web 0:00~24:00(土日祝日も可能)
自動契約機 9:00~22:00※一部21時もあります。
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00(※土日祝日も利用可能だが、契約機により営業時間・休日が異なる)
プロミスコール(電話) 9:00~24:00(毎週月曜0:00~7:00を除く)
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なる
郵送 ×(即日融資不可)

家から出られないけど借り入れに時間をかけたくない方は「Web申し込み」

PC、スマートフォンから行う「Web申し込み」ならば、家から出なくても可能。むしろ、ネット環境があるところならば、場所を選ばず24時間いつでも申し込みが可能です。

プロミスのネットキャッシングは、Web申し込みからそのままネット上で即日借り入れまでの流れができています。家から出られない、でもプロミスから即日融資でお金を借りたい、と思っている方には「Web申し込み」をおすすめしています。

 

やっぱりカード発行→ATMからの即日借り入れが希望なら「無人契約機」

カードローンがどうして「カードローン」という名前なのか?それは、カードローンでお金を借り入れるには、「借入カード」を使うからです。

このカードローンの基本的な借入スタイル、「カードでの借入」で即日融資を希望している方には、プロミスが設置した「無人契約機」の活用をおすすめします。

プロミスの無人契約機とは?

プロミス自動契約機2
プロミスの無人契約機は、日本全国いたるところに設置されている、「カードローン契約」専用の契約機です。

無人契約機のあるブース内で、申込書を書いてカードローン申し込みが可能ですし、ネットなどで先に申し込んでおき「カード発行」のみ行うこともできます。

プロミスの無人契約機がどこに設置されているのか、それを知りたい方はプロミスの公式サイト内の「店舗・ATM検索」を活用してください。

三井住友銀行のローン契約機でも申し込み可能

プロミスは、三井住友銀行と同じく「SMBCコンシューマーファイナンス」のグループ企業です。

SMFG企業であるという理由もあり、三井住友銀行内に設置されている「ローン契約機」を使ってプロミスのカードローン契約が可能です。

プロミスと三井住友銀行のローン契約機設置数を合計すれば、その数は2000台ほどに登ります。プロミスの無人契約機が近くに無いという方は三井住友銀行のローン契約機を探してみてください。

プロミスからスムーズに今日借りるためのベストな選択肢

今これを読んでいるということは、あなたは「プロミスからスムーズに今日借りたい」と思っているということですよね。

それでは、プロミスからスムーズに今日お金を借りるには、数あるプロミスの利用手順のうちどうすればいいのか。

どんな手順を踏むことで、プロミスからスムーズに今日中に借りることができるのか。

私が具体的に、スムーズに借りるための選択肢を示したいと思います。

プロミスから今日借りるために1:申し込む時間帯は平日の午前中

まず、プロミスからスムーズに今日借りるためには、申込み時間から考えていく必要があります。

断言します。

申し込み時間は、「平日の午前中」にするべきです。

理由は明白。「申込みが混み合ってないから」です。

申込みが混み合ってなければ、プロミスの申込み対応も早く、審査結果を早く返してくれることはまちがいありません。

さらに、申込み時期も関係あるようですが、このあたりは一般人にはハッキリしない要素です。

プロミスから今日借りるために2:申込みはWEB申込み

プロミスへの申込み方法はいくつかありますが、今日借りるためには「WEB申込み」をおすすめします。

WEB申込みは申込み入力からスムーズで、仮に情報で誤りがあっても訂正が容易です。

他の申込み方法では、どうしても手順や手間が増えるので、今日借りる妨げになります。

プロミスから今日借りるために3:プロミス以外に申し込まない

プロミスから確実に今日借りたいなら、プロミス以外のキャッシングへ同時申込みは行わないでください。

なぜなら、プロミス以外のキャッシングへ同時申し込みを行うと、プロミスの審査の妨げになるからです。

プロミスの審査をスムーズに終わらして、借り入れもスムーズに行うためには「プロミス一本に絞った申込み」が必要なのです。

プロミスから今日借りるために4:三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座へ振込依頼を出す

プロミスから今日借りるために、借入方法は「振込」を選択してください。

プロミスの即日振込はとてもスムーズです。

振込依頼を出してからおよそ10秒後には、指定した口座にお金が振り込まれているほどです。

注意点も一つ。

それは、振込先の口座です。

プロミスが一番スムーズに振込を行うのが、「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座です。

プロミスから今日借りたい!なら、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が求められるのです。

もちろん、無人契約機やアプリローンを使って今日借りることもできるでしょうが、多少手間取ってしまうかもしれません。

無人契約機なら順番待ちなんて可能性も。

プロミスは土日の即日融資に対応しているか?

さて、プロミスからの即日融資を希望するタイミングは、何も平日ばかりではないはず。

むしろ、土日祝日の「休日」のほうが、お金の必要なタイミングが訪れるのではないでしょうか。

ここで気になるのが、プロミスからの借り入れは、土日などの一般的な「休日」でも可能なのかということです。

瞬フリ:土日の振込可能

プロミス自慢の振込システム「瞬フリ」は土日の振込に対応しています。

というか、瞬フリを使った借り入れならば365日ほとんど借り入れが可能です。瞬フリ利用のためには、「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座が必要となります。しかし、都市銀行の三井住友銀行口座ならば、メインバンクとして利用されている方も多いのでは?

利用可能な方は、ぜひとも瞬フリを使った土日の借り入れにトライしてもらいたいです。

自動契約機・土日も9:00~21:00まで営業中

プロミスの自動契約機を使った借り入れも、土日祝日の借り入れが可能です。

土日も平日と変わらず「9:00~21:00」で営業中です。その時間内にWEBから申し込んでおき、カードの受取のみの段階にしておけば、土日でも時間をかけずに実際の借り入れまで行うことができるはずです。

即日融資で借りるためのプロミス審査対策

プロミスからの即日融資を希望しているとしても、プロミスの初期審査に落ちてしまっては、プロミスからの借り入れは不可能です。

ですから、プロミスの審査についての詳しい情報も合わせて調べておきましょう。

ここで書いた以上に詳しい、プロミスの審査基準についての説明を知りたい方は、TOPページを「プロミス審査の前に」から読んでみてください。

プロミスの審査基準は厳しい?

大手の審査基準は、株主向けに、IRレポートで「カードローン審査通過率」を好評しています。この審査通過率を見れば、大手消費者金融3社の審査基準を大まかに予想することができるのです。

参考までに、大手消費者金融3社の2017年10月審査通過率を載せておきます。

消費者金融名 審査通過率
プロミス 46.8%
アコム 47.2%
アイフル 46.4%

プロミスは即日審査に対応している

即日融資に対応しているので、当然といえば当然ですが、プロミスは時間のかからない即日審査に対応しています。

即日どころか、「最短審査30分」という脅威の早さを打ち上げています。実際に私もプロミスに申し込んだ経験がありますが、この30分審査は嘘ではありません。本当に30分後審査結果の連絡が届くのです。

プロミス以外の即日審査カードローンを知りたい方は、「即日審査に通る方法と即日振込の借入方法」をご覧下さい。

プロミス審査は24時間申し込み可能だが、即日審査には制限がある

プロミスの申し込みや審査が行われる時間はお分かりいただけたでしょうか?
最後にプロミスの審査に「夜」申し込む際の手順をまとめたいと思います。

「夜」申し込む際は時間と融資方法に注意しましょう
申し込み方法 即日融資可能な時間
Web Web完結の場合     ⇒14時までに申込・契約手続きを行う
無人契約機に来店する場合 ⇒21時までに申込を行う
無人契約機 プロミスの無人契約機の場合 ⇒21時までに無人契約機へ来店する
SMBCローン契約機の場合 ⇒20時までに来店する
電話(プロミスコール) 無人契約機に来店する場合 ⇒21時までに申込を行う
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 17時までに店頭に来店する

プロミスの審査を早める方法

まずは、プロミスの審査時間を早めるための方法、審査が早まる条件についてお教えします。

プロミスの審査が早まるとはつまり、「プロミスが深く審査するまでもなく良好な条件」ということです。

入力情報は正確に正直に

申し込む際入力する情報はできるだけ正確な情報で。そして同時に「正直な情報」を心がけてください。

審査に有利になるようにと、入力情報で嘘をついても、嘘がバレると当然審査に落ちます。そしてプロミスは過去のデータを大量に持っていますから、簡単にその嘘を見破ります。

他社借入件数を少ないほうが審査はスムーズ

他社借入件数が少ないほど、審査がスムーズになり時間がかからず、審査に落ちにくくなります。

他社借り入れ件数は、審査においてとても重要。借入件数が多いと、「返済能力が低い」と判断されるので、審査時間が伸びて、審査結果にも悪影響を及ぼします。

プロミスに伝える「希望借入額」は少しでも少額にする

プロミス希望借入額
プロミスの「フル入力」で申し込む際、申し込みフォームの下の方で「希望借入額」を入力する欄があります。

プロミスの審査通過率を上げたいなら、ここで入力する金額は少しでも少額にしましょう。ここの金額が高ければ高いほど、プロミスの審査基準は厳しくなります。反対に少額ならば、プロミス側も「まあこれくらいの額ならこの人に貸してもいいか」という判断を下しやすくなります。

必要ないなら10万円程度の金額を入力してください。審査に時間をかけず、審査基準を甘くしたいなら、もっと低い借入希望額でもいいくらいです。

プロミスの在籍確認は予告なし!しっかり対応を!

カードローンによっては、在籍確認前に、申し込んだ人への確認を行うところもあります。しかし、プロミスの在籍確認は宣言がありません。なんの宣言もなしに、申し込んだ人の職場へとプロミスが直接電話をかけます。

この在籍確認の電話に対応できなかった場合、当然のことながら審査落ちとなってしまうため、プロミスの在籍確認にも油断せず対応する必要があるのです。

同僚が電話に出ようが、誰が出ようが在籍が確認さえできれば審査は終わりです。自分が電話に出るのが理想ですが、電話に対応できなかった場合の対策もしっかりしておきましょう。

審査に落ちる人の特徴

プロミスの審査に落ちてしまう人の特徴も気になりますよね。

自分はこの情報に当てはまっていないか、もう一度考えてみてください。

収入が安定してない

収入情報と審査は密接に関係しています。

何も高い年収、高収入がなくともよいのです。必要なのは「安定した収入」です。毎月途切れない、安定した収入。これがあれば、プロミスの審査に問題なく通るはずです。

よほどの事がない限り、収入が理由で審査に落ちることは少ないはず。あなたの収入状況は大丈夫ですか?

信用情報に金融事故が記録されている

プロミスの審査に落ちる大きな要因は「信用情報」です。

信用情報に「返済遅延」があるだけで痛いですが、これが「債務整理記録」だった場合はかなり厳しい。債務整理の記録が信用情報に記載されてから、かなりの時間が経過してない限り、審査に通るのは難しくなってしまうかもしれません。

あらゆる観点で「返済能力が低い」

プロミスが審査で調べるのは、「申し込んだ人の持つ返済能力」です。

プロミスはあらゆる観点から返済能力を審査します。現在キャッシング利用件数が多かったなら、その返済に手を焼いてしまうので、その分返済能力が下がります。

他にも、クレジットカード支払い状況が滞っている場合にも同様です。あなたの返済能力は、客観的に見て高いと言えるでしょうか?

在籍確認が取れない

プロミスの審査では、最後の段階で「在籍確認」という、プロミスから利用者の職場への確認電話がかけられます。

この電話では、「申し込んだ人が会社に在籍しているか」という一点のみですが、この在籍確認が取れないと、審査に落ちてしまうのです。

何も本人がこの在籍確認の電話に出る必要はありません。同僚が出て、「○○さんは現在席を外しています」でもかまいません。プロミスは個人名で電話をかけて、個人的な知り合いを装うので、プロミスから電話がかかってきたとは思わないはずです。

提出書類に不備がある

意外と見落としがちなのが、プロミスに提出する書類です。

審査において提出する書類に不備があった場合、もしくはなんらかの理由で書類が提出できなかった場合、審査に落ちてしまいます。

提出することになる書類をあらかじめ把握しておき、審査時に狼狽えることのないようにしておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は、プロミスの審査を受ける上において、必ず提出しなくてはいけない書類です。どんな書類が本人確認書類に当てはまるのかというと、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証と住民票

などがこれに当たります。顔写真が入っている運転免許証かパスポートなら1点でかまいませんが、顔写真のない運転免許証は、合わせて住民票の提出が必要となります。

収入証明書

収入証明書は、必ず提出しなくてはいけないというわけでもありません。提出を求められる条件としては、

収入証明書の提出が求められる条件は、「借入限度額が50万円を超える時」となります。プロミスは初期申し込みにおいて、「借入希望金額」を聞かれます。この時、収入証明書の提出が煩わしい人は、50万円以下の希望を出しておきましょう。

提出することになったら、収入証明書に当てはまる書類を出す必要があります。収入証明書として認められるのは、以下の書類。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

源泉徴収票と確定申告書はいずれも最新のもの。給与明細書は、直近一年に賞与が会った場合は、直近2ヶ月の給与明細書と1年分の賞与明細書が必要です。

プロミスからの即日融資体験談

(25歳・男性・東京都)

土日にどうしても遊ぶ金が必要になり、プロミスのカードローンを利用することに。別にプロミスじゃなくてよかったんですが、家の最寄り駅近くに、プロミスの無人契約機があったのを思い出したので。スマートフォンから申し込んで、連絡くれたコールセンターのお姉さんから、無人契約機からカード受取が可能です」って言われて、やっぱり無人契約機が違いと便利だと思いました。カードの受取は、無人契約機に免許証をスキャンするだけですぐでした。夜から遊ぶ用事だったのですが、昼過ぎには10万円借りてました。

プロミスの即日借り入れまとめ

今回は、プロミスから即日融資希望する際知っておくべき情報を書きました。

以下にまとめておきます。

プロミスは即日融資対応

まず大前提として、プロミスは即日融資に対応しています。

しかも、ネット申し込みをはじめ、あらゆる申し込みから「即日融資」につなげることが可能となっています。

自動契約機の活用もWEB上で「瞬フリ」も即日借り入れ可能

中でも便利なのがやはり、「自動契約機を使った即日カード発行」と、プロミス自慢のWEB振込サービス「瞬フリ」です。

自動契約機からカードを受け取って借り入れを行うのが自分にあっているか、WEBから瞬フリを利用した借り入れのほうが適しているのか、一度自分で考えてから借り入れを行ってください。

土日の即日融資も可能

そして、プロミスは「土日の即日融資」にも対応しています。

それも、平日と同じく「自動契約機の活用」も「瞬フリ等ネットキャッシングの利用」も可能です。

しかし気をつけておくべきなのは、「土日のプロミス申し込みは混み合う」ということです。平日にプロミスへ申し込み、借り入れを行う場合よりも、多くの時間がかかってしまうでしょう。

プロミスから即日お金を借りても30日無利息※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの目玉サービス、30日の無利息期間も忘れてはいけません。

プロミスから初回借入を行った場合、借入額にかかわらず借入の翌日から「30日間無利息」となります。

利息が発生するのは、借入から31日後。カードローンの利息は「日割り」で計算されるため、無利息期間が終わるまでの間に少しでも返済を進めておくことで、その後の返済がとても楽になるのです。

そしてプロミスから、ネットキャッシングや無人契約機を使って即日お金を借り入れたとしても、30日間の無利息サービスは利用可能です。

プロミス以外からの即日借り入れも検討して

いろんな事情もあり、あなたは現在プロミスからの即日融資を希望しておられることでしょう。

しかし、プロミス以外の消費者金融などの借入先で「即日借り入れ」が可能です。どうでしょうか。一度、プロミス以外の借入先から即日借入を検討してみてもよいのでは。プロミス以外の即日融資対応業者は「即日融資を受けられる安心カードローンはこれだ!おすすめの大手を解説」の中で説明しています。