学生でも大丈夫!プロミスの審査に通る条件をご紹介

プロミス

大学生は、勉強だけしていればいいわけではありません。旅行、サークル活動、コンパに大忙しのあなた。お金がいくらあっても足りないと思います。そんなとき、テレビCMや街頭広告をご覧になって「プロミスからお金を借りる」名案を思い付いたと思います。

プロミスは知名度も実績もある優良企業ですが、最初は誰にでも不安が付き物だと思います。「そもそも学生がプロミスの審査に通るのか」も疑問ですよね。今回は、学生でもプロミスの審査に通るのかどうかをご紹介します。

プロミスのカードローンは学生でも利用可能

プロミスの審査は、「条件さえ満たせば」学生でも問題なく審査に通ります。

必要最低限の条件を満たしていれば、学生であってもプロミスのカードローンを利用可能となります。

審査通過のための条件は後で確認するとして、申し込み前に理解しておくべき、プロミスのカードローン注意点を調べておきましょう。

総量規制で年収の3分の1までしか借りられません

まず注意しておきたいのは、「総量規制」の問題についてです。

総量規制とは、キャッシングによって一般人の生活が破綻しないように制定された法律。総量規制が適応されている貸金業者からの借入は、「年収の3分の1」の金額までとなってしまいます。

例えば年収が300万円だったなら、貸金業者から借入可能なのは最高でも100万円までということですね。

「カードローン限度額は高くて10万円」を覚悟しましょう

上で総量規制の話をしましたが、審査に弱い学生はさらに借入可能額が下がることを覚悟しておきましょう。

私の知っている限り、プロミスのカードローン限度額で適応されるのは最高でも10万円。最低で3万円ほどです。

あまり大金の借入を考える人も少ないでしょうが、「もしかしたら100万円借入可能?」なんて期待を持つのはやめましょう。

水商売はプロミスの審査通過が難しい


職業によって多少審査結果に影響します。

普通のアルバイトなら良いのですが、学生さんのなかには「水商売」のアルバイトをしている人もおられるのでは。

水商売で働いている学生さんは、プロミスの審査において「収入が安定してない」と判断されるので審査において不利となってしまいます。

水商売であっても、勤続年数が長いなど+ポイントが多ければ、審査に通る可能性がありますが、審査に不利だということは覚悟しておきましょう。

学生がプロミスの審査に通過する2つの条件

学生の方がプロミスの審査に通過する条件は2つあります。この2つのいずれかにも該当しない学生の方はプロミスの審査に申し込むこともできないため注意しましょう。

① 申し込み時の年齢が20歳以上

まず、申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下であることです。つまり学生であっても、20歳以下の方は申し込みできません。プロミス以外のキャッシング、例えば銀行カードローンや学生ローンでも申し込み条件を20歳以上と定めています。20歳以下の方は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するか、未成年でも借り入れ可能な銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

② 毎月安定した収入があること

プロミスは申し込み条件に毎月安定した収入があることと定めています。審査のポイントは安定しているかどうかなので、収入の額を過度に気にすることはありません。そのため、アルバイトで月に数万円でも収入を得ていれば、審査に申し込むことができます。

学生がプロミスの審査で有利になる2つの特徴

では、上記の条件を満たしている学生の方は誰でもプロミスの審査に通過するのでしょうか?そんなことはありません。プロミスには審査に通過しやすい学生と通過しにくい学生、2パターンあるのです。

まずは、学生がプロミスの審査で有利になる2つの条件をご紹介します。

① アルバイトの勤続年数が長い

アルバイトの勤続年数が長いと審査に通過する可能性が高くなります。勤続年数の長さは社会人でも同じです。1社の勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入を得られる信頼度が高くなるなどプラス評価されます。

確かに、勤続年数が長い方はバイトリーダーなどのポジションに就き、アルバイトの中で慕われる立場であることが多いですよね。プロミスの審査でプラス評価されたいのなら、1年以上は勤続年数を積んでいることをおすすめします。

② 毎月のアルバイト収入が多い

学生の場合収入の額は重視されないことが多いですが、多いに越したことはありません。

アルバイト収入が多ければ、それだけ返済能力も高くなるためです。しかし、学生は不要内で働く必要があります。年間103万円以上稼ぐと扶養家族から外れてしまい、ご両親の所得税が増加します。せっかく稼いだお金が、税金に消えてしまうなんて悲しいですよね・・・毎月の給料を計算しながら、ほどほどにシフトを入れましょう。

③プロミス以外のカードローンで返済トラブルを起こしていない

もし、プロミスに申し込んだ学生さんが、過去プロミス以外のカードローンを利用した経験があるのなら、そのカードローン利用時に返済トラブルを起こしていないこと。

これがプロミスの審査に通る秘訣です。過去に返済遅延などがあれば、その情報によってプロミスの審査落ちは十分あり得ます。

返済遅延の情報が信用情報から消えるまでには5年ほど時間がかかってしまいます。

学生ローンとプロミスのカードローン比較

学生のためのキャッシングといえば、カードローンの他に「学生ローン」があります。

大学の近くの学生街なんかに、たまに「学生ローン」の看板を見つけることがあります。

学生ローンとプロミスのカードローンを比較してみましょう。

プロミスのカードローンより金利が低い

学生ローンは、プロミスのカードローン金利と比べると金利が低く設定されていることが多いです。

そもそものターゲットが学生なので、金利を高くすると返済不能になるリスクが高くなるという判断でしょう。

プロミスの方がサービスが優秀

プロミスのカードローンが、学生ローンより優れているポイントといえば、「サービス」です。

はじめてのキャッシングで適用される「無利息サービス」をはじめ、レディースローンなど、消費者金融独自のサービスが多く揃っています。

学生ローンの「金利」とプロミスの「サービス」をよく比較して、どちらから借り入れるかよく考えてください。

学生さんがプロミスに聞きたいQ&A

プロミスを利用しようかと検討している学生さんが気になるポイントをまとめてみました。

親に連絡は来ない?(バレない?)

一番気になるのはここでしょう。

多くの学生さんが親に内緒でカードローンを利用しています。プロミスのカードローン利用が親にバレてしまうと大変ですよね。

しかし心配いりません。プロミスからのいかなる連絡も、「親宛」に届くことはありません。

貸金業法には「利用者以外にカードローン利用が知れてはいけない」という法律もあります。それは決して、学生に当てはまらない法律ではないのです。

友だちにもバレたくない

友だちにもカードローン利用がバレたくないですよね。

「普通バレないでしょ…」と思う人も多いでしょうが、財布の中の「ローンカード」でバレるケースが意外と多いのです。

しかし、プロミスはカードレスの借入が可能なので、このポイントもクリアです。最近はスマホアプリでの借入「アプリローン」も始まっています。

プロミスの学生審査まとめ

プロミスは、学生さんでも安定収入やクリーンな信用情報があれば問題なく審査に通ります。

ですが審査に通ったとしても、カードローン限度額が数万円程度であることも覚悟しておきましょう。

プロミスから借り入れた学生の体験談

学生(20代/アルバイト)Nさんのプロミス体験談

お金、少額、学生
こんにちは、都内の私立大学に通う学生です。

今は一人暮らしですが、仕送りはもらっていません。弟もいるし家族に迷惑はかけたくないので。

もちろん奨学金は受給していますよ。5万もらっています。

奨学金5万とアルバイト代8万円くらいで毎月の生活費、家賃、交際費とかですかね。

もちろん貯金なんてできません。毎月ぎりぎりで生活しています。

何回か電気を止められたこともありましたが、その時はさすがに死ぬかと思いました。

海外旅行の誘いは大学2年生の春休み

春休み、旅行

そんなギリギリの生活の中、友人から海外旅行に誘われましてね。

最初はもちろん断りましたよ。

行き先はタイだったんですけど、航空機とホテル代だけで最低15万は必要なので・・・

でも、当時仲良かった友人みんなその旅行参加することになって、だんだん俺も行きたくなって・・・

旅行代理店に金払うのは1か月ぐらい先だったんで、とりあえず参加する方向に決めました。

この時はあまり深く考えてなかったですよ・・・節約して、親にしばらくの間借りれば用意できると思ってたので。

父のリストラと弟の入塾時期が同時にやってくる

雷

そんなとき親父がリストラされました。これは母から連絡がきて知りましたね。

金貸してって頼む直前だったんで、まあ金のことは何も言わなかったですよね。

そんなことよりも、今の生活で精一杯で何もできない自分を憎むしかできなかった。

がんばって仕送りしようかとも思いました。

ただ、ここでできもしないこと言っても、誰も喜ばないし自分の首を苦しめるだけ。

母も「こっちのことは心配しなくていいから」って言ってくれたので、多分苦しい状況だとは思いますがとりあえず家族の問題はあえて首を突っ込まないことにしました。

断れない状況と迫りくる旅行代金支払い日

お金、支払い

旅行は断るつもりだった。自分だけのうのうと旅行してる場合じゃないですよね。

でも、この時点で支払い日は3日後に迫っていて、旅行の計画はほとんど完了していたんですよ。

今でもこのときの俺をばかやろうと思うんですけど、家族のことを言うのが気が引けて「支払いできる」って言ってしまいました。

このとき、旅行代金を用意していないのは俺だけでしたね。追い打ちをかけるように幹事のDから金を明日までに用意してほしいと言われまして。

どうするのか俺は・・・「恥をかくしかない」そう決意して帰路についた。

電車の窓上広告に現れたのはプロミスの4文字

救い、担当者

帰りの電車でぼーっと窓の外を眺めていると、広告が目に入りました。

それがプロミスです。

藁にも縋る思い検索しましたけど、正直「学生は無理だろうな」と思ってました。

と思ったら、条件が20歳以上一定の収入があるこの2つだけでした。

もしや?と思い、「プロミス 学生」で検索するとアルバイトで収入があれば借り入れできるとか・・・

このときの俺は多分泣いてたと思います。(笑)

14時50分までに申し込めば即日融資が受けられる

14時50分、時間、締め切り

とりあえずすぐ電車を降りてプロミスに電話してみました。

そしたらその場で申し込みできるとのことでした。物腰の柔らかそうな女性が対応してくれました。

審査は基本的な年齢や生年月日、住所、連絡先から勤務先の情報、収入まで聞かれましたね。

あと今一人暮らしかどうかも聞かれました。

公共料金を払えなかった経験がある俺からするとひやっとしました・・・。

申し込んだ時間は14時過ぎ。

プロミスは14時50分までに申し込みを済ませれば即日融資が受けられるとのことでしたので、ラッキーと思いました。

意外な落とし穴「必要書類」の存在に慌てる

健康保険証、本人確認書類

一通り質問を受けたら電話はいったん切れました。

そんで待ってる間、嫌なことに気づいたんですよね。

必要書類の提出。なんとなく重要な書類が必要なのだと思っていたので、もう間に合わないと思いました

収入証明書でしたっけ?そのとき手元に確定申告書とか給与明細書なんてなかったし、自宅に帰れば14時50分を過ぎてしまうので、もう間に合わないと思いました。

審査通過連絡が届いたあとの流れ

電話、申し込み、コールセンター

審査通過の連絡は30分くらいで携帯電話に届きました。

そして、書類審査とやらに移ると説明する女性オペレーター。

いよいよここまでかと思いましたが、書類審査で求められたものは運転免許証1枚でした。

プロミスは50万円以下なら本人確認書類1枚で済むとか。いや~焦った焦った。

その後は自動契約機で契約手続きやらカード発行やらして、念願のお金を手に・・・

ほんといろんなことがあったけど、何とか翌日までに旅行代金を用意することができました。

タイは楽しかったですね。今度は社会人になって自分の金で家族を連れて行ってあげたいです。