SMBCモビットでのおまとめローンは可能?おまとめローン審査は厳しいのか

SMBCモビット

お金が足りなくてキャッシングをするという人は少なくありませんが、ついつい複数の会社からお金を借りてしまって返済をするのが大変という人も珍しくありません。そのような時に便利なのがおまとめローンです。

銀行やローン会社ではおまとめローンを取り扱っているところも多くなっていますが、その中でもSMBCモビットを使ってのおまとめローンはどうなのでしょうか。

今回はSMBCモビットでのおまとめローンの仕方や審査の流れなどについて解説します。

  1. そもそも、おまとめローンとはどんなもの?
    1. おまとめ専用ローン
    2. フリーローンなどを利用したおまとめ
  2. SMBCモビットの利用限度額と利率は?
    1. 利用限度額・利率
    2. SMBCモビットの特徴
  3. SMBCモビットはおまとめに適している?
    1. SMBCモビットでおまとめする際の注意点
  4. おまとめにする場合の審査は厳しくなるのか
    1. SMBCモビットは消費者金融系
    2. 審査に通らないことも
  5. 総量規制とは?貸金業法について解説
    1. 総量規制とは?
    2. 貸金業法とは?
  6. SMBCモビットのおまとめがアリなケース
  7. SMBCモビットの審査基準について
    1. 信用情報機関の情報
    2. 年収
    3. 属性
    4. ネットで完結できる!郵便物が届かない
  8. 申し込みから契約までの流れ
    1. WEB完結申込の条件
  9. 振込はわずか3分!急いでいるときに便利
    1. 自分の口座に振り込んでもらえる
    2. 急いでいる時に便利
    3. 引き落としの残高が足りない時に
    4. 会員メニューの利用で快適に使える
    5. 振込キャッシングが簡単に行える
    6. 領収書や利用明細のダウンロードができる
    7. 返済シミュレーションができる
  10. SMBCモビットの返済方式とは?
    1. 借入後残高スライド元利定額返済方式とは?
    2. リボ払いとの関係は?
  11. おまとめローンを利用するときの注意点
    1. 利率に注意
    2. 借入れが全額返済できるものにしよう
  12. SMBCモビットの審査が難しいときは?
    1. 他社の借入れ額を減らしてから申し込む
    2. おまとめ専用ローンの検討
  13. SMBCモビットは金額によっておまとめは可能

そもそも、おまとめローンとはどんなもの?

おまとめローンとは、複数のローンを一本化することを言います。複数のローンがあるとそれぞれに金利がかかってしまいますし、返済日などもバラバラですから返済することが大変になってしまいます。

そのようなことを解消するために、バラバラに借りていたお金を一社にまとめて、返済を少しでも楽にしようというものなのです。おまとめローンにはふたつの方法があります。

おまとめ専用ローン

こちらはおまとめに特化したローン商品になります。

複数の会社から借りている金額を、おまとめ専用ローンを取り扱っている会社から借りて返済、一本化することになるのです。おまとめ専用ローンの特徴としては、他社で借入れている合計金額が融資上限額になるということです。

そのため、余分に借りることはできません。また他社への返済方法も融資額を直接振り込むという方式ですから、手元に現金が入ることがなく確実に返済だけに使うことになります。

フリーローンなどを利用したおまとめ

おまとめ専用ローンではなく、フリーローンを使っておまとめする方法もあります。フリーローンは使い道が自由なローンになっており、使い道の項目で「おまとめ」や「借り換え」という項目があれば、おまとめローンに利用することが可能です。フリーローンの場合には、借入れ合計額よりも多く融資してもらえる可能性があるということが大きな特徴でしょう。しかし、フリーローンの場合は新規の借入れが別枠で増えるという扱いになりますから、審査は厳しくなる傾向にあります。”

SMBCモビットの利用限度額と利率は?

それでは、SMBCモビットの利用限度額や利率といった詳しいことについて見ていきましょう。

利用限度額・利率

SMBCモビットの最高限度額は800万円と高額になっています。金利に関しては、実質年率が3.0%~18.0%ですが、どのぐらいの金利になるのかは審査によって決まりますので人によって違ってきます。

一般的には利用上限額が多ければ金利は低くなる傾向にありますので、大口の融資を受ける場合には金利が低くなるでしょう。

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットでおまとめローンをする場合には、フリーローンを使うことになります。

フリーローンですので、使い道は自由になっていますし現在の借入れ合計額よりも多く融資してもらえる可能性もあるのです。またSMBCモビットは、ネットからの申し込みで完結できるなど利用方法が簡単になっています。

電話連絡や自宅への郵送物がなく借りることができますから、家族などにバレる心配もありません。

即日融資に対応しているのもSMBCモビットの特徴でしょう。申し込み曜日や時間によっては翌日の取り扱いになる場合もありますが、多くは即日審査・即日融資に対応してくれているので急いでローンをまとめたいという方には向いています。

SMBCモビットはおまとめに適している?

SMBCモビットの特徴などを見てきましたが、おまとめローンに向いているのでしょうか。

SMBCモビットは融資の最高限度額が800万円と高額ですから、比較的高額な融資が必要になるおまとめローンには適しているといえるでしょう。またフリーローンですので、何に使うかは基本的には自由に決めることができます。そのため、おまとめのために使うこともOKです。

SMBCモビットでおまとめする際の注意点

基本的にはおまとめローンに向いているSMBCモビットですが、注意点もあります。

まずは、おまとめ専用ローンではないので、融資を受けたら自分で各金融機関に返済する必要があることです。そのため、きちんと返済をしてローンをまとめるんだという強い意志がなければ、ほかのことに使ってしまうという可能性もあります。

少しぐらいなら、という甘い気持ちで使ってしまうと返済額が足りなくて一本化できなくなるということも考えられますから注意してください。また、融資額などは審査によって決まりますから、最低利率の最高限度額を利用できるわけではないことにも注意が必要です。

融資額によっては金利が18%ということも考えられますから、自分がどのぐらいの金利になるのか確認してから契約するといいでしょう。

おまとめにする場合の審査は厳しくなるのか

おまとめする場合に気になるのが、審査に通るかどうかということです。

SMBCモビットでおまとめローンをする場合の審査はどうなっているのでしょうか。

SMBCモビットは消費者金融系

SMBCモビットは、消費者金融系になりますので「総量規制」というものの対象になります。

そのため、年収や現在借りている金額の合計によって、フリーローンの融資額などが決定されることになるのです。ですから、融資上限額が希望の融資額よりも少ないという可能性もあります。

審査に通らないことも

総量規制に引っかかると審査に通らなくなってしまいます。

他社からの借入れ合計額とSMBCモビットからの借入れ額が総量規制を超えてしまった場合には、そもそも審査に通らずに融資を受けられなくなりますので、審査を受ける前に自分が借りている金額をしっかりと把握する必要があるでしょう。

総量規制とは?貸金業法について解説

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業法で定められている規制になります。総量規制は、借入れできる金額の総量に上限を設けるという決まりになっていて、平成22年6月18日から実施されている規制です。

具体的には、貸金業者などからの借入残高が年収の3分の1を超えている場合には、新しい借入れができなくなるという決まりになっています。個人の年収によって総量規制の額は変わってきますから、自分の年収と現在の借入れ額をきちんと把握しておくことが大切です。

貸金業法とは?

貸金業法とは何かというと、消費者金融などの貸金業者と、貸金業者からの借入れについて定めている法律になっています。

多重債務者などの増加などが社会問題化したことによって、今まであった貸金業法が抜本的に改革され平成18年に現在の貸金業法が作られたのです。

貸金業法は、消費者金融やクレジットカードでのキャッシングなどに適用される法律です。銀行や信用金庫などでもお金の融資を行っていますが、貸金業者ではないため貸金業法は適用されません。

SMBCモビットのおまとめがアリなケース

SMBCモビットでおまとめできるケースを見ていきましょう。

SMBCモビットでおまとめローンする場合には、他社からの借入れ金額とSMBCモビットから借入れする金額が総量規制を超えないことが重要になります。

これが超えてしまっている場合には、そもそも審査に通ることはありません。ですので、他社の借入れ金額とSMBCモビットからの借入れ額が、年収の3分の1を超えないかどうかがポイントになってきます。

SMBCモビットでおまとめローンをしたいと思うのなら、他社からの借入れ額とSMBCモビットから融資してもらいたい金額のバランスが合っていることが大切です。年収の3分の1よりも、他社とSMBCモビットの借入れ合計額が少ないのならSMBCモビットでのおまとめもアリでしょう。

SMBCモビットの審査基準について

信用情報機関の情報

SMBCモビットの審査に限らず、融資を受ける場合やクレジットカードを作る場合には信用情報機関の情報が重要になります。

信用情報機関とは、信用情報の収集や管理、提供をしている機関で、借入れの履歴や返済延滞などをしていないかといったことを貸金業者に提供します。この信用情報に傷がついていると、審査に通らない可能性が高くなります。

いわゆるブラックリスト入りしていないかどうかということなのですが、長期間の返済延滞などをしている場合にはブラックリスト入りしている可能性があるので注意が必要です。

年収

借入れする場合には年収も重要な審査基準になります。年収によって返済能力があるかどうかを見ることになるからです。

しかし、低年収であっても審査に通る場合もあります。この場合には、総量規制に引っかかる可能性もあるので、おまとめローンには利用できない可能性もありますから注意してください。

属性

属性とは、年齢や勤務先、家族構成といった基本的な情報のことになります。

勤務先や勤続年数ということから返済能力がしっかりしているかどうかを見ることになります。属性よりも信用情報が重視される傾向にありますが、あまりにも勤続年数が短いということだと不利に働く可能性もあるのです。”

ネットで完結できる!郵便物が届かない

SMBCモビットの大きなメリットのひとつとして、ネット完結できるということがあります。

ネットから申し込み、契約まで済ませることができますから、仕事などが忙しいという人の場合でも非常に簡単に申し込みをすることが可能なのです。

また、ネット完結ですので家に郵便物が届くことがありません。そのため、消費者金融から融資を受けているということが家族などバレたくない場合にもいいでしょう。

申し込みから契約までの流れ

SMBCモビットを利用するためにはまず、公式のホームページから申し込みをすることになります。

「WEB完結申込」を選んだら、必要事項を入力して申し込みをしましょう。WEB完結申込の場合には審査結果はメールで送られてくることになります。仮審査に通ったら、本人確認書類と収入を証明できる書類を提示して本審査に移ります。本審査に通ったら入会手続きを行いましょう。

入会完了メールが届けばすぐに利用することができます。WEB完結申込ではカードの発行がなく、カードレスで使うことができますので手軽に利用することができるでしょう。

WEB完結申込の条件

WEB完結申込をするためには、ふたつの条件があります。まずは、「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「三菱UFJ銀行」、このうちどれかの口座を持っていることです。

もし持っていない場合には、審査を受ける前に作っておくといいでしょう。「社会保険証」「組合保険証」どちらかを持っているという条件もありますので注意してください。

振込はわずか3分!急いでいるときに便利

SMBCモビットは口座への振込での融資にも対応しています。

自分の口座に振り込んでもらえる

SMBCモビットと契約して入会していれば、自分の口座に直接融資額を振り込んでもらうことも可能です。

申し込みはWEBから行えるので、空き時間にさっと申し込みをすることも可能でしょう。手数料も無料ですし、24時間受付していますから非常に便利になっています。

急いでいる時に便利

SMBCモビットで振込キャッシングを申し込んだ場合、所要時間はわずかに3分程度と非常にスピーディーなのが特徴です。

土日や夜間の申し込みは翌日扱いになってしまいますが、平日の9:00~14:50までなら最短3分での振込をしてくれますから、急ぎで口座にお金を入れなければいけないという時に活躍します。

引き落としの残高が足りない時に

口座から引き落としで支払いがあるけれども、残高が足りないという場合には振込でのキャッシングが便利です。

わざわざATMからお金を借りて自分の口座に入れるという手間がかかりませんし手数料の節約にもなるのです。

会員メニューの利用で快適に使える

SMBCモビットは会員メニューを利用することで、より快適で便利に使うことができるようになります。会員メニューは「Myモビ」に登録することで使えるようになり、さまざまなメリットがあるのです。

振込キャッシングが簡単に行える

振込でのキャッシングを簡単に利用するためにはMyモビに登録することが必要になります。

Myモビから振込キャッシングを行うことで、パソコンだけでなくスマートフォンからでも申し込みをすることができるので、いつでもどこからでも手軽にキャッシングをすることができるでしょう。

領収書や利用明細のダウンロードができる

Myモビのメニューから領収書や利用明細をダウンロードできるようになります。

郵送ではなく電子領収書をダウンロードすることができるので、家に領収書などが送られてくるのは困るという場合には、Myモビの「取引履歴照会」から電子領収書をダウンロードするように設定しておきましょう。

返済シミュレーションができる

Myモビでは、現在の借入れ残高や契約内容などをもとにして返済シミュレーションを行うことが可能です。

追加の融資や繰上返済、一括返済などのパターンごとにシミュレーションを行うことができますから、計画的な返済をするための手助けになるでしょう。

SMBCモビットの返済方式とは?

SMBCモビットでは「借入後残高スライド元利定額返済方式」という返済方式を採用しています。これはどのような返済方式なのでしょうか。

借入後残高スライド元利定額返済方式とは?

借入後残高スライド元利定額返済方式は、業者によっては残高スライド元利定額返済方式と記載されている場合もある返済方式です。

残高スライド方式では借入残高によって毎月の返済額が決定されます。また、定額返済方式ですので返済終了まで毎月の返済額は一定で変わることが基本的にはありません。この方式の特徴としては、返済途中に追加借入したという場合には、その時の最終的な借入れ残高に応じて返済額が変わるということでしょう。

たとえば50万円借りて30万円まで返したとしましょう。その段階で10万円を追加で借りたとしたら返済額が変化するのです。今までは50万円借りていた場合の計算式で返済額を算出していましたが、追加で借りたことによって現在の借入残高である30万+追加融資の10万=40万円ということになります。

この40万円という借入れ残高をもとにして月々の返済金額を計算し直しますから、一般的には月々の返済額は以前よりも少なくなります。

しかし、返済額が減ったことによって返済期間が延びるということもありますから注意が必要でしょう。

リボ払いとの関係は?

リボ払いとはリボルビング払いの略称です。

借入後残高スライド元利定額返済方式は、スライド方式とリボルビング払いが合わさった返済方法になりますので、リボルビング払いのなかのひとつの方式ということになります。

おまとめローンを利用するときの注意点

おまとめローンは返済を一本化することでバラバラに払っていた金利などもまとめることができる便利なものですが注意点もあります。

利率に注意

おまとめローンの失敗例としてよく挙げられるのが、利率が上がってしまって結果的に返済総額が多くなってしまったというものです。

そのようなことにならないためには、おまとめローンを検討している業者と、現在借入れをしている業者の利率をしっかりと見比べることが必要になります。

また、各金融業者によって利率は変わってきますから、自分がどのぐらい借りたいのか、その金額だとどのぐらいの利率なのかということを比較しながら選ぶ必要があるでしょう。

借入れが全額返済できるものにしよう

おまとめローンは一本化することが目的ですから、現在他社から借入れている金額を融資してくれるところを選ぶ必要があります。

全額返済できないのでは、おまとめローンになりませんから自分が借りたい金額の融資が可能な業者を探してください。

SMBCモビットの審査が難しいときは?

SMBCモビットでのおまとめローンをしたいけれども、審査に通らなかったという場合もあるでしょう。そのような時の対処法としては、ふたつの方法があります。

他社の借入れ額を減らしてから申し込む

審査に通らないという時に多いのが総量規制に引っかかってしまったということでしょう。

そのような場合にはとりあえず他社への返済を地道に行って借入れ額を減らして総量規制を超えないようにしてから申し込むという方法もあります。

また返済の延滞をしていて不安という場合も、延滞せずに返済実績を作っていくことが有効な場合もあります。

おまとめ専用ローンの検討

おまとめ専用ローンは総量規制の対象外です。そのため、他社からの借入れ残高と新しく借入れる金額が年収の3分の1を超えていたとしても融資を受けられる可能性があります。

ですので、借入れ額が多くてフリーローンではまとめられないという場合にはおまとめ専用ローンの利用を検討するといいでしょう。

SMBCモビットは金額によっておまとめは可能

このように、SMBCモビットにはおまとめ専用ローンはありませんが、フリーローンを利用しておまとめローンをすることは可能です。

他社からの借入れ残高の合計があまり大きな金額ではないという場合なら、SMBCモビットを利用しておまとめしてみるというのもいいのではないでしょうか。

即日での審査や融資が可能ですし、ネットだけで申し込みから契約まで済ませることができるので便利でしょう。ただし、SMBCモビットは総量規制の対象業者ですので、その点だけは注意が必要です。

自分の年収と、現在の借入れ残高、融資してほしい金額をしっかりと見比べて、総量規制を超えることがないかを調べてから申し込みをするようにしてください。

審査に通りやすいおまとめローンはあるのか?おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣も紹介!